家づくりにまつわるコラム

Vol.40 消費税の増税はどうなるのだろうか

2016.04.28

この度の[平成28年熊本地震]にて被災された皆様、及び、ご家族・ご親族・ご友人が被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地域の皆様が一日も早く平穏な日常が戻られることをお祈り申し上げます。

今回の平成28年熊本地震と南海トラフ地震はつながりがないと言われていますが、どうしても不安な気持ちになります。それともうひとつ気になることが、来年4月に予定されている消費税率の10%への引き上げについてです。安倍首相は再三再四にわたり、「リーマン・ショックまたは東日本大震災級の災厄でも起きない限り、予定通り引き上げる」と明言していました。今回の震災は、今の経済動向からみて、まだハッキリとはしていませんが、消費税の増税は、延期せざるを得ない状況になっているのではないかと考えられます。

今回の消費税増税が仮に延期されるとなると、浮上してくるのが「復興特別税の増税」ではないでしょうか。税率幅を極力小さくして増税を行えば、国民の負担も大きくはならないため、「復興特別税に文句は付けられない」という国民の思いに便乗して増税をするのではと思います。いずれにしても国民の負担が増えれば増えるだけ景気は後退すると考えられますが、果たしてどうなるか気になるところです。

< BACK
お気に入りの実例を見る