CSR

行動理念

企業理念に掲げたお客様と社会への貢献を実現するため、遵守する事項、目標とする事項を行動理念として具体的に定めたものです。 社員の一人ひとりが本憲章の精神に則り、メンバー全員が心をひとつにして各個人の充実した幸福を追求し、 会社とパートナーの発展と明るい社会の実現に貢献することを目指します。

高品質の提供

社員一体となって携わる

当社では、高い品質の住まいを提供し、日々より良い家づくりへと改善し続けるために、土地探し・設計・施工・アフターケアに至るまで、当社スタッフが責任を持って携わる自社一貫体制を堅持しています。そして、良い建築を建てるということだけではなく、お客様との出会いからお引渡し・アフターケアまで、どの場面でもお客様に大きな感動をお届けするという意識を持って取り組んでいます。また、各段階でお客様にアンケートを実施し、満足度を計るとともに、その結果をフィードバックすることで、品質の高い住まいを提供するための改善対応を継続しています。

施工品質の維持・向上

当社と家づくりを行う職方やパートナー企業とともに結成した「工房匠の会」による定期的な現場視察「安全パトロール」を行い、安全衛生水準の向上や現場改善に取り組んでいます。さらに毎年、安全大会を実施し、安全意識の高揚を図っています。
そして、すべての新築住宅で第三者住宅検査機関の検査制度を自主的に取り入れ、安全で安心な施工に務めています。

環境への取り組み

省エネルギー化を推進

質の高い快適性や機能性によって健康で長く暮らすことができる住まいの提供と社会全体の省エネルギー化を実現するために、サステナブルな家づくりに取り組んでいます。自然の光・風を活用するパッシブデザインの設計手法を取り入れること、省エネルギー性に優れた断熱材・建材などの仕様や高効率給湯器や太陽光発電システムなどの設備を積極的に採用することで地球温暖化防止に寄与できると考え、家庭での無理のない省エネと創エネの推進と普及拡大に努めています。そして、二酸化炭素排出量を低減する「認定低炭素住宅」や建物の長寿命化を促進する「認定長期優良住宅」の対応にも積極的に取り組んでいます。

みんなにやさしい木造建築

私たち日本人は、古くから住宅・寺社・城などのさまざまな木造建築に触れながら暮らし、木に対して深い親しみや愛着を持っています。そして、再生可能な自然資源である木の利活用促進が社会全体で広がっています。私たちはいつの時代も「木の家」で暮らしたいと思っているのです。木は、鉄骨や鉄筋コンクリートといった他素材に比べて建築時の二酸化炭素排出量を低く抑えられる地球環境にやさしい建築素材です。木質空間は、人の健康や心理面で良い影響を与えてくれます。当社では、住まいに最適な建築素材として木の家を推奨し、安心で安全な木造建築の実績を積み重ねながら環境負荷の軽減・地球環境の保全に貢献しています。

地域への取り組み

歴史的建造物の修復

本社がある堺市の北旅籠町界隈には、戦前の街並みが残っています。明治10年(1877年)に造り醤油の商家として創建された「内田家住宅」もその中のひとつです。建設から100年以上が経過し、傷みの進行が懸念されたことから後世に残していくための改修工事に当社が携わりました。今回の修復によって、未来の子どもたちにも歴史ある建築の素晴らしさを伝えられることを願っています。

社会貢献活動

Japan Dream Football Association

JDFAの活動趣旨に賛同し、スポーツ振興と活性化に貢献するとともに、未来を担う東南アジアの子どもたちを継続的に支援したいとの想いから、東南アジアのサッカー少年の夢を応援するサポーターとして協賛しています。

< BACK
お気に入りの実例を見る