建築実例

芦屋セントラルビル

ACB_01
ACB_02
ACB_03
ACB_04
ACB_05
ACB_06
ACB_07
ACB_08
ACB_09
ACB_10
ACB_11
ACB_01 ACB_02 ACB_03 ACB_04 ACB_05 ACB_06 ACB_07 ACB_08 ACB_09 ACB_10 ACB_11

DATA

敷地面積
165.30㎡[50.00坪]
建築面積
122.34㎡[37.00坪]
延床面積
319.59㎡[96.67坪]
建築場所
兵庫県芦屋市
構造
鉄筋コンクリート造
規模
3階建て
竣工年月
2016年3月
分類
複合施設

CONCEPT

阪神芦屋駅にほど近く、一方通行の前面道路から斜め進行方向に公園があり、閉ざされた建物が連続する場所に位置する、1・2階を店舗やオフィスのテナント、3階を住宅とした鉄筋コンクリート造の複合施設です。当初、前面道路から見た視線は、公園の空地と緑に導かれ、建物と反対方向に視線が集中する状況下にありました。人の視線を建物へ導くため、道路に向かって大きな開口を連続的に配置し、規則的に凹凸を設けた形状とすることで、立体感と陰影のある表情豊かな街に開いたファサードを作り出しています。多くの人がふらりと行き交う場所、新しい芦屋の魅力を創出する場所となることを願っています。

< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る