家づくりのコンセプト

concept-2

私たちにできること 人を大切に考えると 建築はこうなる

建築とは人のためにあり、人生を支える大切な空間であると考えています。
人それぞれが住まいに求める想いは違いますが、家族にとって、ひとりにとって大切な空間。生活の中心であり、住まいをはじめとして生活があり、人生があるといっても過言ではないと考えています。建築家として人の想いに対して描き創っていくという重要な関わりがある限り、お客様のこれからについて正面から向き合い、深い理解と愛情をもって取り組まなければならないと考えています。
また、建築〈家〉として存在するかたちあるもの故に、見て触れて美しくあるべきであるとともに、人にやさしく自然にもやさしい。独自性を持ちながら街並み、自然環境にも同調できるものをつくっていきたいと考えています。家族がふれあい、その大切な時間とともに変化しながら成長し、長く愛され続ける。そんな大切な家づくりをお客様の予算を考えながら、より良いものを創りあげていくこと。私たちは、建築のプロとして確かな知識と技術・経験をもとに自由な発想で、お客様の想いをかたち〈建築〉にするお手伝いをしていきたいと考えています。

前衛的な 建築家であること

当社は、建築・デザインを手掛ける設計事務所ですが、実際には美以上のテーマがあると考え、誰もが公平な可能性を持つ新しい社会をビジョンとしています。理想に燃える前衛的なデザイナーである私たちは、工業的に大量生産される物のフォルムを進化させ、質の高いデザインが社会的地位に関係なく手に入る世の中を実現できるように日々、共創していきます。

  • ※前衛的とは|現状に対して変革を志向し、時代の先端に立とうとするような立場・姿勢のこと

家づくりを真剣に考える 建築家として

家づくりは、ハウスメーカーのように画一的なものづくりでもなく、建築家の作品づくりを押し付けるものとも考えていません。家づくりは一生涯に何度も行うことではありませんし、家を簡単に買い換えることもできません。安心して永く住まうことができる家であるべきと考えるとともに、人生を支える大切な空間づくりです。私たちは、お客様のそれぞれに描く想い・こだわりを一緒にかたちにしていきたいと考えています。規格住宅ではかたちにできない、設計士とつくる独自性のあるデザインの中で、光と風を計画し、使いやすく暮らしやすい家、長く愛せる家を創っていきたいと考えています。そのため、当社は家族がいつまでも笑顔で暮らせ、未来へ受け継がれていく住まいを創造し、設計から施工・アフターケアまで一貫する家づくりをご提案しています。本当にいい家を建てるには、耐震性・耐久性・省エネ性などの安心と安全の「基本性能」、シンプルで愛され続けるミニマルな「デザイン」、暮らしやすい動線や自然の光・風を取り入れた快適性を計画した「基本設計」、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる間取り変更のしやすさなどの「フレキシブル性」、家族にも地球にも貢献する「変わらない価値」。これらを踏まえながら家族の暮らしそのものを住まいというかたちにすることが大切です。そして、何よりもお客様との対話を一番大切にしながら家づくりに取り組んでいます。

< BACK
お気に入りの実例を見る