top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

SE構法

SE_1

SE構法とは

SE構法とは、従来の木造住宅から飛躍的に耐震性が高まった工法です。柱や壁で建物を支えるのではなく、強靭に組まれた柱と梁で建物を支える「ラーメン構造」を採用しています。建物を骨組み全体で支えるので、まさに家そのものが大黒柱であるといえます。柱や区画の壁が少ないため、光を取り入れる大きな開口部や窓、出入り口、そして広々とした吹抜け空間が安全に実現できます。2011年に発生しました東日本大震災や2016年に発生しました平成28年熊本地震において、SE構法で建てられた建物の地震による倒壊はゼロ*1、震源地に近い地域でも構造上の被害はなかった*1と確認されています。

  • ※ARCHAUSはオプション対応です。*1:株式会社エヌ・シー・エヌ調べ。
SE_2

SE構法が耐震性に優れている理由

SE_3

天災に対する強さを証明する構造計算

日本の住宅は、統計的に築後一度は大震災に見舞われると言われています。SE構法は、ビルなどの大規模建築と同様に、一棟ずつ個別に、台風・地震・積雪などの自然災害に対しての安全性を解析しています。また、日本国内の建築に関する技術評価など担う一般財団法人日本建築センターの構造評定を取得しています(評定番号:LW-2020)。建物を支える基礎構造は、FEM(Finite Element Methond:有限要素法)解析により、建物に伝わる力を解析します。基礎梁と耐圧版を合わせた状態で行う立体的な計算手法で、地盤に応じた強固な基礎設計を実現します。あらかじめ想定・検証しているからこそ、耐震性に優れた自由な空間づくりを安心して行えます。
SE_4

木の強さを最大限に引き出した集成材

素材となるひき板一枚一枚、柱梁一本一本の強度試験を行い、水分量は含水率15%以下のものだけで製造した集成材を使用しています。天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、自然素材であるが故に強度にばらつきのある無垢材と比べ、約1.6倍の強度が一定に保たれています。もしもの火災事故に対しても45分間燃焼し続けても表面部は燃えますが、火災時の安全性は確保することができます。また、持続可能な方法で管理されている森林から採取した木材供給・管理システムを有することを証明する森林認証を取得した樹種を使用しています。
SE_5

接合部を強化する独自の構造用金物

確かな強度が計算できる集成材を用いた柱や梁を、独自開発のSE金物で接合することで、断面欠損を極力抑え、木本来の強度を十全に活かした均一で安定した強さを実現しています。特殊表面加工されたSE金物は、約600時間の塩水噴霧試験でも劣化が認められず、接合部の高い防錆力を保ち続けると示されています。地震時のさらなる安全性を確保するため、表面に凹凸加工を施し、木材にねじ込むことで引張剛性を向上させた特殊なSボルトを採用しています。従来のボルトと比べ2倍の強度を持ち、万一、集成材が経年変化により乾燥・収縮する状態となり、施工当初に締め固めていたボルトやナットが緩んでも接合部に食い込んで定着するため、剛性を確保できます。

SE構法だからできること

SE_6 夫婦での暮らし、子どもたちとの暮らし、二世帯での暮らしなど家族のライフスタイルは常に変化します。だからこそ、家を建てるときに最初からつくり込むのではなく、家族のライフスタイルや子どもたちの成長に合わせて、間取りも変化に対応できるようにしたいものです。SE構法はスケルトン[構造]&インフィル[内装]を別々に考えて計画しているので、大きなリフォーム工事なしで、柔軟に間取りの変更ができます。これは資産価値の高さにもつながっています。
SE_87 また、SE構法は木造では困難とされていた柱と柱の間隔を最大9メートル(物件により、それ以上も可能)のスパンとすることが可能でき、空間の自由度や意匠性が高まります。たとえば、車3台が並ぶビルトインガレージを柱なしで実現できるほか、大きな吹抜けや大開口・大空間といった開放感があふれる大胆な住宅を耐震性を裏付けながら安全に実現できます。当社ではこのメリットを最大限活かし、一見木造とは思えない約12帖の大きな吹抜けがあるLDKや大開口の家などを数々手がけています。

SE構法の施工品質と保証

SE_9_renewal 独自の施工管理技術を要するSE構法は、どの建築会社でも施工できるわけではありません。SE構法施工管理技士が在籍し、一定の技術水準を有すると認められた「SE構法登録施工店」のみがSE構法の建物を施工することができます。さらに、詳細なマニュアルによる厳密な管理、技術士が最新の知識・技能を習得するための定期講習や免許更新制度の導入等により、高い施工品質を維持する体制が整っています。 > 詳しくは「耐震構法SE構法」のウェブサイトをご覧ください
SE_10 SE構法で建てた家は、資産価値の高い家であるとともに、基礎と構造躯体、接合金物が原因で住宅の損傷が起きた場合にお客様の住宅を保証する「SE住宅性能保証制度」が適用されます。安全性を担保した構造躯体に対して「SE住宅性能保証証書」が発行され、お引渡しから10年間は無償保証、10年経過後に指定の検査メンテナンスを行うことにより、さらに10年間保証が延長できます。 > 保証体制を詳しく見る
< BACK
お気に入りの実例を見る
お気に入りの実例を見る
お気に入りの実例を見る