top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

住まいのコラム

陽光に包まれた吹抜け空間が心地いい「通り土間の家」

施主様インタビュー | 2015.06.15

敷地に接する道路の先は行き止まりのため、この道は限られた人々だけが通る静かな場所。ご夫婦が住まいに求められたキーワードは「広々とした玄関土間とリビング」。玄関土間は、ただの通路としてだけではなく、ご家族の生活を豊かにする役割も担っていました。陽光に包まれた吹抜け空間と通り土間のある家にお住まいのTさまに、家づくりのお話をお聞きしました。

DATA

●建築場所/大阪府八尾市●構造/木造軸組● 規模/地上2階● 竣工/2015年1月●分類/ARCHAUS●本体価格/1500~2000万円●敷地面積/114.55㎡[34.65坪]●建築面積/57.97㎡[17.53坪]●延床面積/107.13㎡[32.40坪]

この住まいの実例写真を見る

ー この土地に決めた理由は何でしたか?

私の実家に近いことや少し先にある川沿いの桜並木の雰囲気が前から好きだったので、この辺に良い土地あればいいなと思って探していたところ、この土地に出会いました。

ー なぜ、家を建てようと思いましたか?

元々二人ともいずれは持家が欲しいと思っていて、家賃が高かったことや狭さを感じていたので、税金が上がるまでには建てようと思いました。それに、以前から主人は、持家は建売ではなく、設計士さんに依頼して、自分たちのこだわりの家を建てたいと言っていていたので、注文住宅で建てることにしました。
●左/玄関土間から延長線上に伸びるフリースペースは、気持ち良いほどに視線が抜け、光が満ちる開放的な吹抜け空間。鮮やかなブルーのラウンジチェアはこの家に合わせて購入。窓際の長いカウンターは読書好きのご夫婦の読書や勉強コーナーとしても活躍。カウンターの奥にはウッドデッキの庭が広がる。「南側に面した大きな窓から自然光が差し込み、カウンターでゆっくり過ごす時間が幸せ。将来、ここで子どもがのびのびと遊ぶ姿が目に浮かびます」(妻)●右/フリースペースから見る。「現代土間と暮らす家」の要素を取り入た玄関土間。奥の扉を開けるとシューズクロークがある。吹抜けの天井を木目調のクロス張りにすることで冷たい印象の土間に温かみを与えている。断熱効果を考慮し、土間の床下には断熱材を敷き込んでいる。「前住居の玄関はとても狭かったので、家を建てるときは広くしようと思っていました」(妻)

ー 当社で家を建てようと思われた決め手は何でしたか?

何社か検討したなかで、私たちの抽象的な要望を一番具体的に分かりやすくかたちにしてくれたからです。
私たちの要望はざっくりとしたものだったので、かたちにするのは中々難しいだろうと思っていました。案の定、他社は私たちが思い描いたプランではなかったのでしっくりきませんでした。そのなかで、設計士さんに提案いただいたプランだけは「あ!こんな感じ!」と二人とも感じることができ、一番ワクワクしたんです。それに設計士さんは、こまめにきっちり連絡をいただけたので、とても信頼でき、安心してお任せすることができました。現場監督の久保さんも気さくな方で気を使わずにいることができました。
フリースペースを含めて、約21.5帖のゆとりのあるLDK。「現代土間と暮らす家」の要素を取り入れ、来客時には冷蔵庫や食器棚といったキッチン用品などをすっきり隠せるようキッチン背面に木製の引き戸を設置。「対面キッチンになったので、前の住まいと違って料理をしながら主人と会話やテレビを楽しめるのがいいですね。あと、キッチンの腰壁を立ち上げてよかったです。油が飛び散らずお手入れがしやすいです。」(妻)

ー 家づくりの良さは何だと思いますか?

夫婦
やっぱり自分たちの希望がそのままかたちになることです。自分たちでつくり上げた感がありますね。友人にも自慢できます。

ー 家を建てるときどんなことを重視されましたか?

夫婦
玄関とリビングが広くて、風と光が通る開放的な空間を二人とも考えていました。

ー 家づくりを考えている方に何かひとことお願いします。

注文住宅を建てるなら色々な会社の話を聞いたり、家を見た方がいいと思います。私たちはまず各社の良いと思ったところを吸収し、最終自分たちが一番いいと思った会社でそれを実現することにしました。
●左/玄関土間とLDKの境界にある壁に設けた開口。開口からは本来キッチンから死角となるフリースペースや庭で過ごす家族の様子をうかがえる。存在感のあるストリップ階段はご夫婦のお気に入り。●中/靴以外にも傘や工具、ご主人のフットサル用品なども収納できるおよそ2帖のシューズクローク。ここを通ってキッチンやバックヤードに直接アクセスできる動線だ。●右/南面の外観。ウッドデッキの目隠しとなるパーテーションが映える。
< BACK

メールニュースのご登録

ここでは、定期的に配信していますメールニュースや季刊誌で掲載いたしました記事のバックナンバーをご紹介しています。メールニュースでは、家づくりのお役立ち情報や見学会などの最新イベント情報をお届けしています。配信希望の方は下記ボタンよりお手続きください。 配信希望の方はこちら

関連コラム

最新コラム

間取り・住まい方 | 2021.01.29
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る