top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

住まいのコラム

広い土間で集いと趣味を満喫「趣味と暮らす家」

施主様インタビュー | 2016.03.30
KKF_02

家族との時間、趣味の時間、友人と集う時間。細長い敷地を活かし、玄関土間、和室、LDK 、子ども室、すべてが緩やかにつながる住まいには、それぞれの時間を豊かにする空間が広がっています。多彩に楽しめる広い土間スペースが魅力的な家にお住まいのFさまに、家づくりのお話をお聞きしました。

1603_KKF_01

DATA

●建築場所/大阪府岸和田市●構造/木造軸組●規模/地上2階●竣工/2015年11月●本体価格/2000~2500万円●分類/ARCHAUS● 敷地面積/144.63㎡[43.75坪]●建築面積/72.87㎡[22.04坪]●延床面積/131.66㎡[39.82坪]

この住まいの実例写真を見る

ー 家を建ようと思った理由をお聞かせください。

子どもが小学生になるまでには家を建てたいと思っていましたが、その前に子どもが「狭くて走り回れないからお家嫌い」と言い始めたので「広い家を建ててあげるよ」と言ったことがきっかけです。

ー この土地に決めた理由をお聞かせください。

100点満点の土地を探している間は見つけることができませんでした。そこで、絶対に譲れない条件を絞り込みました。何候補かの中でその条件を満たしていたのがここだけで、そうなると段々と良い土地に見えてきました。

ー 当社で家を建てようと決めたきっかけをお聞かせください。

検討していた他社の見学会では「ここはこんな風にできますか?」と聞いても「できません」と言われることもあり、腑に落ちない点が出てきましたが、アドヴァンスさんは「できます」や「できますが、止めた方がいいです」ときちんと答えてくれたので気持ちが良く、嫌なところがありませんでした。アドヴァンスさんが建てた家を気に入っていたので、プランを依頼する際も「お任せします」と言いました。ただ、欲しい機能はあったので、それをどういう風に取り入れてくれるかが楽しみで、「こんなことはできますか?」と言ったらそれがさり気なく反映されていて嬉しかったです。提案内容は大満足で、見た目良し、機能良し、自由度良しが揃っていたので、アドヴァンスさんに決めない理由はないなと思いました。
1603_KKF_02
メイン写真/玄関から一番奥のキッチンまで全長約13mのワンフロア空間。玄関土間は、趣味のギターを楽しむご主人のラウンジに。友人が集うときもよくここで過ごされるそうだ。 1 テラスが室内に入り込んで室内の広がり感を高めている。「図面を見ながら頭の中で何度もシミュレーションして盛り込んだことがほぼすべて丁度はまったので満足しています。滅多に褒めない父もこの家のことは褒めてくれました」(夫) 2 玄関周辺の所々に使いやすい収納を設けている。 3 洗面脱衣室とは別に設けた玄関からアクセスしやすい洗面コーナー。帰宅時、すぐに手洗いやうがいをすることができる。 4 洗面コーナーに隣接した和モダンな雰囲気が漂うトイレ。友人が集ったときにも利用しやすい。 5 2階から吹抜けを通じて、1階を見下ろす。吹抜けを介して、光と風を住まい全体に取り込める。窓の向こうには中庭のテラスがある。

ー 注文住宅の良さや当社と他社の違いは何だと思いますか?

自由度です。アルクハウスは規格の中でも自由が効いて、要望も聞いてもらえたのでよかったです。検討していた他社の規格住宅は、階段の幅を変更できないなど、規格の制約が厳しかったので、そのあたりが一番大きな違いだと思います。
自由にできる分、削りたい部分の相談をできる点も良いですね。

ー 家づくりを考えている方にアドバイスをお願いします。

家に対してこだわりをお持ちなら注文住宅を選ぶべきですし、漠然としているなら建売などでも良いのではないかと思います。
住宅購入は値段を重視するよりも納得のいく会社で家を建てることが大事だと思います。値段が安価なほど、保証やアフターなどの信頼面に不安が出てくると思います。予算はオーバーしましたが、追加した方が良いかどうかなどを悩んだ時は、的確なアドバイスをもらえたのでよかったです。
家を建てるということは、たとえどんな価格であっても高い買い物に代わりはないので、妥協するのは嫌だと思いました。「家は3回建てないと満足できない」と良く言われますが、3回家を建てるなら1回目で3回分の予算をすべて使ってしまおうという気持ちで家を建てたので満足しています。お金は出せるだけ出して、家づくりを楽しまないと損です。私は、お金さえあれば、もう一度、家づくりをしたいくらい楽しかったです。
1603_KKF_03
6 1階と2階をつなぐストリップ階段。壁に掛けられたギターが空間に映える。 7 奥の和室は建具を閉めれば個室になる。 8 間仕切りを最小限に抑えた2階の子ども室。将来は個室にすることもできる。「今では子どもが外に行きたいという回数も減り、家が嫌いとも言わなくなりました」(夫婦) 9 ダイニング・キッチンを見る。奥さまの動線を考えて、キッチンの隣に洗面脱衣室とバスルームを配置し、水まわりを集約。左壁の飾り棚やカウンターは造作。 10 南東側から見たモノトーン調の細長い外観。屋根に載った大容量の太陽光パネルと燃料電池システムによるダブル発電や先進的な換気システムの導入、セルロースファイバー断熱材などで気密・断熱性を高めることで省エネ・創エネに優れた低燃費で快適な住まいに。
< BACK

メールニュースのご登録

ここでは、定期的に配信していますメールニュースや季刊誌で掲載いたしました記事のバックナンバーをご紹介しています。メールニュースでは、家づくりのお役立ち情報や見学会などの最新イベント情報をお届けしています。配信希望の方は下記ボタンよりお手続きください。 配信希望の方はこちら

関連コラム

最新コラム

お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る