家づくりにまつわるコラム

世の中が大きく変化している!加速する住宅ローン?

2016.05.16

20170501_haku

家づくりをお考えのお客様にとって、「住宅ローン」は最大の関心事のひとつではないでしょうか。近年、ネット銀行をはじめ、住宅ローンの選択肢が非常に増えています。そこで、最近取り扱われている多様な住宅ローン商品の中から特徴的なものをご紹介していきます。

 
ネット銀行の住宅ローン


 
ここ数年で住宅ローンの実績を大きく伸ばしているネット銀行は、実際に多くのお客様の選択肢のひとつになってきています。ネット銀行の最大の強みは「低金利」であることです。住宅ローンの審査・契約手続きをネット上の手続きと郵送の書類授受で行うため、従来の金融機関に比べて店舗やスタッフ数を必要最小限に抑えられています。このコスト抑制の効果がローン金利にも反映されています。

実際の金利を見てみると、2016年5月6日現在、変動金利で最も低いのは「じぶん銀行」の0.497%です。三大メガバンクの0.625%より0.1%以上低くなっています。より低い金利を求めるお客様にとっては、有力な選択肢となります。

◎セットで考えるとお得になることもある

2016年5月6日現在、住信SBIネット銀行の金利は0.568%で、その他のネット銀行よりやや高めです。しかし、この金利で通常の団体信用生命保険だけでなく、三大成人病を含む8疾病保障が標準で備えられています。このような追加保障は、通常は金利や手数料の追加負担を必要とすることが多いため、追加を検討しているお客様にとっては、押さえておきたい選択肢です。

◎デメリットも押さえておきましょう

ただし、ネット銀行にはメリットばかりでなく、デメリットもあります。

①いざという時は不便さを感じる
ほとんどのネット銀行では対面窓口がないため、この可能性はあるかもしれません。
②早期での繰り上げ返済を検討している場合は割高になるケースもある
ネット銀行では保証料は無料ですが、事務手数料を高めに設定しているケースがあります。そのため、早期での繰り上げ返済を検討しているお客様の場合は、保証料であれば返還されますが、事務手数料は返還されないため、結果的に割高になるケースもあります。
③つなぎ融資が使えない銀行が多い
建物の中間資金の立替払い(つなぎ融資)が使えない銀行が多いため、確認が必要です。

 
生活に役立つ特典を設けた住宅ローン


 
その他の銀行でも金利以外にも特典を設けた様々な商品が存在します。その中でも「生活に役立つ特典を設けた住宅ローン」をご紹介します。

◎最大22.5万円もお得な「イオン銀行」

生活に役立つ特典を設けた住宅ローンでその中でも人気があるのが「イオン銀行」ではないでしょうか。同行は、住宅ローンの借り入れから5年間、イオングループの対象店舗での買い物を5%割引する特典を設けています。割引対象買物額の上限が最大で年間90万円ですので、年間4.5万円まで割引を受けられることになります。また、イオンゴールドカードを無料で発行でき、イオン店舗内のラウンジ利用なども可能です(ラウンジは買い物途中に少し休憩するのにとても便利です。さらにドリンクの無料サービスがあります)。
元々イオン銀行の住宅ローン金利は、2016年5月10日現在、変動金利で0.57%、3年固定では0.38%となっており、ネット銀行に匹敵する低水準です。日頃、イオンで買い物を利用しているお客様であれば、十分検討する価値がありそうです。

◎ユニークな商品を提供「新生銀行」

同行が提供するパワースマート住宅ローン「安心パックW」には、下記4点のような付帯サービスがあります。(2016年5月時点)

①「家事代行サービス・ハウスクリーニング」・・・掃除・料理・洗濯等々
②「病児保育サービス」・・・お子様の急な風邪・発熱でも専門スタッフが駆けつけます。
③「コントロール返済」・・・出費が続く間は、返済を減らせます。
④「安心保障付団信」・・・介護状態になっても保険で返せます。

例えば、家事代行サービスであれば、1回3時間のサービスを最大50回まで受けることができます。子育て世代・共働き世代には、非常にメリットの大きいサービスと言えます。しかし、残念ながら上記サービスの提供エリアは2016年5月時点では関東圏に限られていますので、関西では利用できません。

さて、特徴的な住宅ローンをご紹介しましたが、全国の金融機関には他にも様々な住宅ローン商品が存在します。なが~いおつきあいの「京都銀行」ではお借り入れ中ずっと一定金利を差し引いてくれます(2016年5月時点)。ローン獲得競争の激化によって、今後も新たな付加価値のある商品が誕生する可能性もありますので、今後さらに住宅購入時、建築会社の選択よりも住宅ローンの選択の方が難しい時代になってくるかもしれません。

< BACK
お気に入りの実例を見る