top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

TKT-house やねとやねが寄り添う家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

屋根と屋根が寄り添う特徴のある外観

味わいのある質感で仕上げたチャコールブラックの外壁と、シャープなラインの屋根が目を引く外観デザイン。シンボルツリーが映える
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

モノトーンで統一した玄関ポーチ

玄関土間と同じタイルをポーチでも使用することで、内と外の統一感を生み出している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

無限大の使い方ができる玄関土間

当社が手掛けた「現代土間と暮らす家」を気に入って採用された玄関からつながる半屋外のような土間スペース。「子どもが成長したらここでプール遊びをしてもいいねと話しています」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

玄関土間から見る

左手ドアの奥にはご主人のアトリエ、右手に風通しの良いオープンな玄関収納を配している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

自転車をディスプレーできる玄関

玄関土間には、ご夫婦共通の趣味である自転車がオブジェのように飾られている。約6畳の広さがあるので、雨の日でも楽しく遊べそうだ
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

玄関脇にあるご主人の趣味空間

玄関脇につくった土間続きのアトリエ。明かり取りのスリット窓からはアプローチの緑が眺められる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

好きなレコードを楽しむアトリエ

ご主人の趣味であるレコードを聴くためのアトリエ。「将来は夢であるパン屋をここで開くことができたらいいなと思っています」と、ご家族の夢が膨らむ空間だ
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

リビングからDKを見る

当社オフィスの天井を気に入って取り入れた木目調クロスと、オークの床材が空間を温かく包み込む心地よいLDK。造作のダイニングテーブルも当社オフィスのものを気に入って採用された
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

玄関土間と曖昧につながるリビング

生活リズムが違う家族が気兼ねなく往来できるように配慮し、玄関土間とリビングはフルオープンにせず、仕切り壁をつくることでつながりを曖昧にした
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

きれいに整えられたオープンなDK

扉付きのキッチン収納によって生活感を消すことができ、スッキリとしたダイニング・キッチンに。「キッチン収納は扉をつけたので、何でも隠せて便利です」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

ゆとりの広さを確保したオープンなLDK

子どもが駆け回れるほどの広さがある約20畳のLDK。玄関土間からリビングに柔らかな光が届く
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

親子で料理を楽しめるキッチン

奥さまお気に入りの清潔感あふれる白で統一されたキッチン。「母と二人でキッチンに立っても使いやすいですし、1階にドアがほとんどないので、荷物も運びやすいです」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

吹抜け階段を見る

南側に位置するスタイリッシュなスケルトン階段が、空間のいいスパイスになっている。吹抜けからはたっぷりの光が降り注ぎ、まるで縁側のような空間を演出している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

たっぷりの光が降り注ぐ吹抜け

階段ホールでも愛猫が気持ちよく日向ぼっこできそうなたっぷりの光が降り注ぐ。吹抜けを介して家族の気配が伝わるので、どこにいても家族の帰宅が分かり、コミュニケーションも取りやすい
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

2階ホールから吹抜けを見る

大開口から差し込む柔らかな自然光と暖色系の木目調クロスによって、ナチュラルな優しい空間に
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

2階廊下から見る

1階は寛ぐ空間、2階はプライベートな空間と、オンオフをきっちり分けたプランに。子世帯とお母さまの生活スタイルなどにも配慮し、みんなが居心地のいい空間を実現している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

寝室を見る

アクセントウォールは見学会で見たのをきっかけに採用されたそうだ。扉の向こうにはウォークインクロゼットを設けた
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

見せる収納を設けた寝室

ウォークインクロゼットとは別に、忙しい朝もお気に入りの服を一目でさっと取り出せるオープンな収納を用意
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

1階手洗いスペース

家族が帰宅後すぐに手洗いでき、ゲストも使いやすいように配慮した手洗いスペース。キッチンでも採用しているシャープなボーダータイルがさりげないアクセントになっている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

1階トイレ

フロアタイルは当社オフィスのものを気に入り同じものを採用された
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/02/tkt/

洗濯動線に配慮した洗面室

物干し用ベランダに隣接した洗面室。洗濯物を持ちながらの移動が少ない動線となっており、奥さまにも好評だ

建築概要

コンセプト

市街地から少し離れた環境下の東西二方向が道路に挟まれた敷地で、子世帯+母+猫が暮らす二世帯住宅を希望されました。1階は家族みんなの共有スペースとして、大きな玄関土間とLDKの空間を計画。生活リズムの異なる家族でも気兼ねなく往来できるよう、玄関土間とリビングは隣接しながらも曖昧な関係に位置づけ、それぞれから2階へアプローチできる計画としました。ご主人のアトリエは他の動線から独立させ、ご自身の趣味をゆったりと楽しめる空間にしました。南側の玄関土間に吹抜け階段を併設したことで、吹抜けとスケルトン階段を介して採光と通風が1階まで届き、縁側のような半共有スペースを演出しています。2階はそれぞれの寝室と水まわりを確保し、コンパクトながらも小さなシェアハウスのような構成です。
外観デザインは、新居計画の際、ご夫婦が悩み、迷いながらもお互いを尊重し合い、少しずつ丁寧に家づくりを進めて完成した住まいであることを表すかのように、屋根と屋根がお互いを支え合い、寄り添うような美しいフォルムを見せています。Tさま家族のあり方やお互いの思いやりの心をそのまま具現化した住まいとなりました。

敷地面積
98.00㎡[29.64坪]
建築面積
57.27㎡[17.32坪]
延床面積
107.33㎡[32.46坪]
建築場所
大阪府富田林市
構造
在来工法
規模
2階建て
竣工年月
2016年8月
本体価格
1500~2000万円
分類
ARCHAUS
性能
ZEH
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る