top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

TII-house みどりと光に包まれた家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

外観正面を見る

シンプルなデザインでありながらも大小異なる3つの窓と、白と黒のボックスが重なり合う姿が個性を引き出している。この窓はピクチャーウィンドウとしての役割も果たしており、室内から自然の緑を楽しめる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

外観夜景

夕暮れ時に美しく浮かび上がる外観の雰囲気も格別だ。大小異なる窓から漏れる電球色の光が帰宅する家族の心を和ませてくれる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

庭から見る外観夜景

右開口部の先にあるリビングの間接照明が華やかな夜のシーンを演出している。プライバシーに配慮したいところには縦格子の目隠し塀を施し、外からの目線を遮っている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

リビングからフラットに続く大きなウッドデッキ

ウッドデッキや庭に出れば、山並みが飛び込んでくるので自然の中でくつろいでいるような感覚に。庭は温かな色合いの真砂土舗装で仕上げた
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

奥行のある落ち着いた雰囲気の玄関

勾配天井で縦の広がりを、リビングに面したガラス引戸やハイサイドライトで採光を得て、北側でも明るい玄関に。玄関からダイレクトにリビング、水まわりにアクセスしやすい2WAY動線
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

光に満たされた約21畳のLDK

大きな窓から差し込んだ陽光と通り抜ける風が心地いいLDK。白い壁と天井にサンドブラウンの床や木製階段を組み合わせたナチュラルな空間。二脚並んだダイニングチェアが可愛らしい
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

光に包まれた夜のLDK

リビング一面にあしらったニュアンスのあるアクセントクロスを建築化照明がやさしい光で照らし、不規則な凹凸の表情を引き立てている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

リビングから見る

中央のふたつの吹抜けを介して上下階もつながる空間構成。抜け感を生むスケルトン階段と吹抜けの効果で実際以上に広く見せることができ、より開放的な空間に感じられる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

床を一段下げたリビング

リビングの床面を20㎝堀り下げることでほど良い広さのこもり感が生まれ、居心地のいい空間に。外にはリビングの一部としても使えるウッドデッキと庭が広がる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

リビングから玄関を見る

廊下や階段室をつくらず、建具はガラス引戸を採用するなど、光や視線を遮らないオープンスタイルの間取りでゆとりの広さを確保
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

ダイニングテーブルをつなげたキッチン

キッチンの面材やテーブルも木目でコーディネート。ダイニングをキッチンの真横に配すことで、料理の上げ下げがスムーズに。料理や食事をしながらテレビ鑑賞もできる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

ダイニング・キッチンを見る

洗い物をしながら外の緑を眺めることができるキッチン。存在感のあるキッチン家電やゴミ箱などは扉付きの背面収納に丸ごとしまえるので、いつでもすっきりとしたキッチンを保てる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

住まいの中心に配された階段

インテリアのように美しい存在感を放つ木製スケルトン階段。奥のアッパーライトで照らされたアートは、プラン図面を記念に額装されたもの。設計士冥利に尽きる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

見通しのいいオープンな2階

2階はオープンなワンフロアの設計。階下のLDKで過ごす家族にもそのまま話しかけることができる。吹抜けを介して階下に光も導いてくれる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

奥の寝室から見る

アイアンを用いたシャープな手すり壁により、奥行と抜け感が生まれて開放感がアップしている。家族の暮らし方の変化に合わせて柔軟に対応できるよう緩やかに仕切っている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

手前の寝室を見る

バルコニーに面した掃き出し窓から差し込む朝日が心地いい寝室。各所の窓からは山の豊かな緑を存分に眺めることができる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

ホワイトカラーで統一したサニタリー空間

浴室の小窓やガラスドア、細長いスリット窓から届く光が白い壁や天井に反射してより明るい空間に。タオルや小物はカウンター下のキャビネットに収納でき、洗濯機も存在感を隠せる位置にあるため、生活感のない美しい空間に
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

ランドリールームも兼ねた4.5畳の洗面室

奥行のある洗面カウンターは洗濯物を畳んだり、アイロンがけなどの作業台としても◎。奥の扉はストレージにつながる。キッチンや玄関からもアクセスしやすいようLDKに面して2箇所の出入口を用意
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

洗面室奥のストレージ

洗面室に隣接して勝手口のある大収納を用意。生活用品や外出着などを豊富にしまえて便利だ。洗面室や浴室とは横一列に並んでいるので、それぞれのドアや窓を開けておけば風が通り、換気がしやすい
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

手洗いカウンター

2階トイレの向かいに配したシンプルな洗面カウンター。北側のハイサイドウインドウからは程よい採光が降り注ぐ
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/04/tii/

1階レストルーム

カウンター下に敷き詰めたホワイトの玉石とダークグレーの床タイルが和モダンな雰囲気を演出。カウンターに飾られたお気に入りの小物が家族やゲストの目を楽しませてくれる

建築概要

コンセプト

南斜面の丘陵地に建つ住宅です。はじめて敷地を訪れたとき、車の腹を擦るぐらいの坂道に驚かされました。しかし、敷地に着くとお施主様がこの地を気に入られた理由が分りました。東側は道路を挟んで山並みが臨め、南側は視線を気にせずオープンにすることができ、2階からは限られた範囲ですが海を眺めることができる環境でした。
1階は南側に面してリビング、キッチン、浴室をオープンに設け、それを囲むようにウッドデッキと植栽を配しました。2階は寝室を建具なしで緩やかに分節した空間です。居室の窓からはどこにいても自然を感じることができます。この住まいが庭の樹木とともに末永く在り続け、山並みの穏やかな風景の一部として調和することを願っています。

敷地面積
250.37㎡[75.73坪]
建築面積
64.79㎡[19.59坪]
延床面積
105.16㎡[31.81坪]
建築場所
兵庫県宝塚市
構造
在来工法
規模
2階建て
竣工年月
2017年10月
本体価格
1500~2000万円
分類
ARCHAUS

同じ条件からその他の建築実例を探す

1000万円台2階建てARCHAUS吹抜けのある家
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る