top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

IIT-house 原風景の家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

シンプルな家型の外観デザイン

青空とのコントラストが美しい、白ベースのシンプルな切妻屋根の外観。南東道路のため、建物の手前に高い壁で囲んだ庭を設け、外からの視線や騒音をカットしながら、室内に光と風を採り込む設計に
iit_02

モノトーンでまとめた玄関ポーチ

玄関ポーチ部分の外壁をダークグレーに変えて個性と引き締め効果をプラス。せり出した部分は庇の役割を担っている。敷地後方に建物を構えて、2台分の駐車スペースを確保し、尚且つ車から玄関までの動線がスムーズになるように計画している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

窓越しに庭が迎える明るい玄関

一歩建物内に入れば、目の前の大きな窓先に庭とシンボルツリーが飛び込んでくる。右手には両サイドの壁一面に可動棚を設置した収納力が高いシューズクロースを併設しているので、玄関はいつでもすっきり
iit_04

家型ニッチがいいアクセントの玄関

外観と同じ家型デザインのニッチが個性を添える玄関。ホールと合わせても2畳と小スペースだが、ピクチャーウィンドウで庭とのつながりを設けることで視覚的な広さを感じられる。奥のドアはゲストも家族も利用しやすいトイレ
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

日当たりのいい南東側に配したLDK

プライバシーを守りながら設けた大きな窓からたっぷりの光が差し込むLDK。光を反射する白を採用した天井や壁によって、より一層明るい空間へと導き、自然光を感じながらのびのびと過ごせる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

抜け感が気持ちいい吹抜けリビング

部屋いっぱいに光や緑、青空など、自然を取り込めるように大きな窓と吹抜けを設けたリビング。「日中は電気を付けなくてもいいほど、明るくて風通しがいいです。窓の位置も工夫されているので外からの視線を気にせず生活できています」
iit_07

どこにいても家族とつながるプラン

玄関とLDKはガラスドアで間仕切り、緩やかなつながりを持たせている。その他にも和室、書斎、洋室は完全個室化せず、LDKとつなぐ小さな開口を設けるなど、随所に家族の絆を深める仕掛けを施している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

木目が美しいナチュラルな空間

リビングと対面する位置にキッチンを配置し、料理中も家族とコミュニケーションが取りやすいように。オーク材のフローリングと合わせて、キッチンや背面収納の引戸も木目を採用し、ナチュラルな風合いを楽しめるコーディネートに
iit_09

心にゆとりを生む伸びやかな高い天井

5.3mの天井高さが心にゆとりをもたらすリビング。頭上、2階部分に設けたダークグレーの凸部は書斎。扉なしの入口や小さな開口を介して階下のLDKで過ごす家族の存在を身近に感じつつ、集中できる空間
iit_10

ペニンシュラ型キッチンで収納スペースを確保

キッチン壁側のスペースを活用し、キッチン側とリビング側それぞれに収納を用意。キッチン背面には使わないときは隠せる扉付き壁面収納と、冷蔵庫の高さに合わせて垂れ壁を設けた冷蔵庫収納を設置し、見た目を美しく
iit_11

庭と向き合うオープンキッチン

1階を一望できて、家族の帰宅も把握しやすい場所に配したキッチン。オープンな対面式にすることで、視界の広がりが確保され、リビングの大きな窓越しに庭も楽しめる
iit_12

リビングからダイニングを見る

ダイニングの左隣に洗面室・浴室・サンルームを配置。1階には廊下を設けず、キッチンからの行き来がラクな無駄のない動線なので、家事にかかる時間の軽減につながっている
iit_13

家族で使えるスタディコーナー

ダイニングの一角に棚とカウンターを造作。勉強スペースや家事スペースにちょうどいい。キッチンからも目の届く場所なので料理の手を止めず、家族の様子をうかがえて安心
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

遊び心のある小さな和室

ダイニング横に配した3.8畳の和室は引戸を閉めれば個室に。休日の昼間にゴロンと寝ころびたいときにも最適な場所。可愛らしいアーチ形の開口部と階段下の地窓から漏れる光がやわらかな雰囲気を演出
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

箱階段の一部をシースルー階段に

光だけを通すすりガラスの高窓と地窓がやさしい光を届ける階段。階段下のデッドスペースを見逃さず、見せる工夫ができるのも注文住宅ならではの魅力
iit_16

2階廊下の一番奥にある小上がりの書斎

ご主人がお気に入りの空間の一つである書斎は通称「ブラックボックス」と呼ばれているそう。右奥の壁一面には可動棚を造作し、本などを豊富に収納できるようにしている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

半個室のこもれる書斎

小さな開口(写真左)と小窓(写真上)から得た光が適度に閉塞感を抑えた書斎内部。黒のクロスをあしらい高さ2mとやや低めに設定した天井と、コンパクトな広さが集中力を上昇させ、充実したプライベートタイムを過ごせる
iit_18r

将来を見据えた洋室

間仕切り壁をつくれば2部屋に分割できる、可変性を持たせた2階の洋室。現状は用途を限定せず、広いワンルームとして活用できる。奥の小さな開口は吹抜けを介して階下のリビングとつながる
iit_19

サンルーム併設の洗面室

白を基調にした清潔感漂う洗面室には洗濯の終わった衣類をすぐに干せるサンルームを併設。重たい洗濯物を持ち運ぶ距離が短いのでラク。階段を上がってすぐの場所にファミリークロゼットを設けて、洗濯物をしまう動線もコンパクトに
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/02/iit/

プライベート感を楽しむ庭

人目を気にせず過ごせる非日常な屋外空間。格子と植栽のバランスが美しく調和している。決して大きなスペースでなくても、室内から見えるプライベートな庭があるだけで、自然が身近になり、癒しの住まいに
iit_21

目隠し効果が高い格子を外観のワンポイントに

高い壁の一部に取り入れた木目調縦格子が圧迫感の軽減に一役買っている。格子は斜めに施工することで、建物内からも目線が抜け過ぎず、安心して過ごせる

建築概要

コンセプト

新しく区画整理された住宅街の一角。南東側に道路、両隣には新築住宅、裏側には昔ながらの住宅が建つ環境での計画です。
はじめにご夫婦から「家型の家」にしたいとご要望を受けました。「家」という言葉から形をイメージすると、多くの方が家型を思い描くように、ご夫婦にとっても家型はどこか昔から馴染みがあり、安心するものであったのだと思われます。そこで、まずは駐車計画を考え、車からスムーズに玄関へとアクセスできる動線を計画しました。そして、道路側の視線や音を遮りながらも、光と風を採り込むために小さな庭を設けました。その庭とつながるようにLDKを配置し、リビング上には南からの光を採り込むための吹抜けを設けることで、明るく広がりのある空間を実現しました。そして、家事負担の軽減を考慮してキッチンから水まわりへのスムーズな動線の確保や、コンパクトでありながらも落ち着きのある和室を設けました。2階は各個室をまとめ、収納量充実のファミリークロゼットや書斎を設けました。書斎はプライベートな空間でありながらも吹抜けに敢えてせり出すことで、リビングとのつながりや空間に遊び心をプラスする役割も担っています。ご夫妻がこれまで過ごされてきた原風景を大切にしながらも新しい生活を楽しみ、長く住まわれるための「原風景の家」となりました。

敷地面積
134.06㎡[40.5坪]
建築面積
64.49㎡[19.5坪]
延床面積
109.26㎡[33.0坪]
建築場所
大阪府泉佐野市
構造
木造[NK工法]
規模
2階建て
竣工年月
2018年5月
本体価格
1500~2000万円
分類
ARCHAUS
「建築実例」掲載について
  • ■本コンテンツでは当社がオーナー様と創り上げた新築住宅・リフォームなどの設計・施工事例やプロジェクト事例をご紹介しています。
  • ■掲載写真はプライバシー保護や不要物除去などを行うため、撮影した写真にCG加工を施しているものがございます。
  • ■掲載写真は撮影当時のものです。掲載写真の外内装などは敷地や周辺環境等の諸条件、地域の条例、取り扱いの変更・中止、その他の諸事情により同じものを採用できない場合がございます。
  • ■完成予想図(CGパース・CG合成画像など)の場合、実際の建物・環境とは多少異なる場合がございます。
  • ■当ウェブサイトのテキストや画像等の無断使用(複製、転載、頒布、掲示、譲渡、貸与、使用許諾、再利用などを含む)、変更、改ざん等の行為は固くお断りいたします。
  • ■ご利用のインターネット環境により、画面での色・質感などは実際と異なる場合がございます。
  • ■本体価格および本体価格帯には、消費税、外構工事・地盤改良工事・屋外給排水工事などの付帯工事費、諸費用、土地購入費用、家具購入費用などは含まれておりません。
  • ■本体価格および本体価格帯は建築当時のものであり、価格改定などによって現在の価格とは異なる場合がございます。
  • ■Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)に該当する場合も総称して「ZEH」と表記しています。

同じ条件からその他の建築実例を探す

1000万円台2階建て30〜34坪ARCHAUS中庭のある家吹抜けのある家
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る