top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

SST-house これからもつづく家

シンプルモダンなファサード

片流れ屋根と黒い金属サイディングを組み合わせたシンプルでモダンな印象のファサード。道路側の窓はプライバシーの観点から最小限に抑えている。この土地は、ご夫妻が訪れたときに「ここだ!」と瞬間的に感じて購入されたという

北側から見たツートーンの外観

角度を変えて見ると、先ほどとは表情が異なり、ダークグレー×ダークブラウンのコントラストが美しい外観を楽しめる。45坪の整形地を余すことなく活用できるよう、駐車スペースはL字に設けて、車は2台駐車できるようにした

オープンにつなげた玄関とリビング

ダイレクトにリビングとつながる玄関は、視線が抜けて開放的。家族は左手の土間続きのシューズインクロゼットを通って室内に入ることもできる。敢えてドアを設けないことで、行き来や掃除、換気がスムーズになるなど、実用的な面でメリットも

明るさに満たされるLDK

クローズドなファサードとのギャップに驚かされるLDK。南西に設けたテラスを囲むように、リビングとダイニングキッチンを雁行型に配した。2面の大きな窓から差し込む陽光がフロア全体を満たし、明るく快適な空間を演出

人が集う開放感が抜群のリビング

テラス側に5.3mの吹き抜け、掃き出し窓と高窓を設けたことで、開放感を存分に味わえるリビング。家族もゲストも自然とリビングに集まる居心地のよさを実現したことで、家で過ごす時間が以前よりも増えたそう

ワンランク上のリビング

TVボード側の壁と天井でニュアンスの異なるグレーの壁紙をリビングのアクセントとしてあしらい、落ち着いた空間に仕上げたリビング。床はウォルナットのフローリング。床暖房完備なのでラグなどがなくても、冬場も暖かく過ごせる

顔を合わせやすいリビング階段

毎朝、家族が顔を合わせやすく、そして上下を行き来する子どもたちの様子がわかるように、階段はリビングとダイニングキッチンの間に設けた。無機質な内装ボードを張った背面の壁が、シャープなデザインのイナズマ階段をより引き立てている

家族をつなぐ吹き抜け

吹き抜けやアウトドアリビングのある家に憧れて、注文住宅を選択されたオーナー様。吹き抜けは、採光や開放感などを高める以外に、上下階で互いの気配や声が伝わるようにする目的も。どこにいてもつながりを感じられる空間を実現した

ダイニングキッチン方向を見る

奥のダイニングキッチンは天井にダークグレーの壁紙を張って、天井を実際よりも低く見せることで落ち着いた雰囲気に。この演出によって、明るいリビングをより広く感じられる効果も。階段は圧迫感を与えないようオープンスタイルに

スマートに華やぐダイニングキッチン

石目調メラミン化粧板を張ったキッチン、木目調のスライドドア、モダンなシャンデリアでシックに装った空間。生活感のある食器棚や冷蔵庫が丸ごとしまえる背面収納はスライドドアをサッと閉めて隠せるため、すっきりとした空間をキープできる

料理の合間に癒される景色

キッチンで作業していると、ダイニング越しにテラスへと視線が抜ける。「ダイニングテーブルと照明の向きは設計士さんに相談して決めました。料理をしながらダイニング越しに眺めるこの景色がとても気に入っています」

タイル張りのモダンなテラス

通りからは見えない位置に配した、リビングとダイニングのどちらからも出入りできる広いテラス。室内と連続性があるため、室内で過ごす家族ともコミュニケーションが取りやすい。「子どもたちも家で遊ぶことが楽しくなったようです」

心地いいアウトドアリビング

アウトドア家具、プランターや植栽スペースを設置し、人が集う場所としてつくり込んだホテルライクなアウトドアリビング。空の下、日差しを浴び、風を感じながらリラックスしたり、友人を招いて楽しく過ごす時間は最高に心地いい

生活動線も家事​動線も意識したプラン

LDKとテラスを広く確保するため、サニタリー空間は2階に配置。キッチン近くに階段があるため、キッチンから洗面室や物干しバルコニーまでの移動距離も短く効率的。「無駄のない動線は、友人からも素晴らしいと絶賛されました」

2階廊下におうちライブラリーを造作

廊下に設置した全長約2.7mの手すり腰壁は、本をたっぷりしまえるニッチ本棚に。天井の扉を開けると小屋裏収納に上るはしごが現れる。右手の窓は物干しバルコニーに続く。「小屋裏収納は3.5畳ほどの広さがあり、とても重宝しています」

大きなWIC併設の寝室

大容量のセミオープンなWICを併設した寝室。間仕切り壁でセパレートしつつ、天井をつなげることで空間を広く見せている。WICの壁一面には、美しく収納できるシステム収納を造り付け、毎日の服選びを楽しく

ギャラリーを兼ねた書斎

お気に入りのコレクションとともに過ごせるご主人の書斎。右手の壁にはニッチカウンターを造り付け、コレクションを鑑賞するギャラリーコーナーに。パーソナルな空間だからこそ、自分好みに飾って楽しむことができる

玄関に併設したシューズインクロゼット

玄関から靴を履いたまま入れるウォークスルータイプのシューズインクロゼット。扉がなく、リビングから見える位置にあるため、明かりを点けていないときは中が見えにくくなるよう、壁紙や棚板、収納ボックスをダークカラーでまとめた

玄関そばの手洗いスペース

帰宅後すぐに「手洗い・消毒・うがい」ができる、玄関を上がってすぐのコーナーに設けた手洗い場。フロートタイプの洗面キャビネットを取り付けて、軽やかな印象に。右手には仕事に集中できる書斎を用意

モノトーンスタイルの洗面室

洗面ボウルを片側に寄せてオープンスペースをつくり、家族が並んで身支度したり、ユーティリティスペースとして使えるようにしたワイドカウンターの洗面化粧台。手元は光沢感の異なる白いタイルで水ハネ対策かつ上品さをプラス

白の清潔感がよく似合う明るい浴室

清潔感あふれる洗面室と浴室はガラスドアで間仕切ることで、視線が抜け、開放感がアップ。黒のドアフレームが空間を引き締め、スタイリッシュな雰囲気に。同じフロアに物干し場や寝室があるため、洗濯作業がスムーズに行える

建築概要

コンセプト

計画地は自然が美しく融け合い、生活環境に恵まれた住宅街の一角にあります。
建築主からのご要望は、隣地からのプライバシー確保、建物内外にわたる生活空間の有効活用でした。そのため、住宅形状を雁行させることで生まれた余白の接道部分は駐車スペース、もう一方は屋外空間として活用する計画としました。屋内空間は1階にLDKと書斎、2階に寝室とサニタリー空間をまとめています。LDKは建物と同じように雁行させることで、リビングとダイニングキッチンがゾーニングされ、すべてが屋外空間につながるような計画としました。階段は吹き抜けと組み合わせたリビング階段とすることで、上下空間の一体感を創出しています。
「これからもつづく家」は、打ち合わせの際に伺ったたくさんのご要望を洗練しながらも、「きっと住んでからも叶えたいことが湧いてくる」ことから、ご家族だけの家づくりをこれからも続ける楽しみを残した家として完成しました。

敷地面積
150.10㎡[45.4坪]
建築面積
59.96㎡[18.1坪]
延床面積
110.86㎡[33.5坪]
建築場所
大阪府吹田市
構造
木造[NK工法]
規模
2階建て
竣工年月
2019年
分類
ARCHAUS
性能
長期優良住宅
「建築実例」掲載について
  • ■本コンテンツでは当社がオーナー様と創り上げた新築住宅・リフォームなどの設計・施工事例やプロジェクト事例をご紹介しています。
  • ■掲載写真はプライバシー保護や不要物除去などを行うため、撮影した写真にCG加工を施しているものがございます。
  • ■掲載写真は撮影当時のものです。掲載写真の外内装などは敷地や周辺環境等の諸条件、地域の条例、取り扱いの変更・中止、その他の諸事情により同じものを採用できない場合がございます。
  • ■完成予想図(CGパース・CG合成画像など)の場合、実際の建物・環境とは多少異なる場合がございます。
  • ■当ウェブサイトのテキストや画像等の無断使用(複製、転載、頒布、掲示、譲渡、貸与、使用許諾、再利用などを含む)、変更、改ざん等の行為は固くお断りいたします。
  • ■ご利用のインターネット環境により、画面での色・質感などは実際と異なる場合がございます。
  • ■本体価格および本体価格帯には、消費税、外構工事・地盤改良工事・屋外給排水工事などの付帯工事費、諸費用、土地購入費用、家具購入費用などは含まれておりません。
  • ■本体価格および本体価格帯は建築当時のものであり、価格改定などによって現在の価格とは異なる場合がございます。
  • ■Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)に該当する場合も総称して「ZEH」と表記しています。
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る