top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

HKN-house 気になる木の家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

南側から見た外観

ライトグレーとダークグレーのモノトーン使いが特長のシンプルな外観。二面道路に接するため、プライバシーや防犯性に配慮しながら窓や木製フェンスを設置した
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

がらりと印象を変えた西側外観

西側外観は、敷地の輪郭に合わせて外壁を斜めにし、木製サイディングのテクスチャーを活かした温もりのあるデザインに。年月とともに変化する木の風合いが、建物の深みを増す楽しみのひとつに
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

南側から見た外観(夕景)

「プレゼンテーションで敷地の変形部分を有効に取り入れたプランを見た時、『これは良い!』と夫婦ともに思いました。また、家族の団らんや動線計画が想像できたときのすっきり感は未だに忘れられません」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

見る角度によって表情を変える外観(夕景)

見る方向によって顔の印象が全く異なるが、その個性がバランスよく融合している。「予想だにしないインパクトのある外観なので、家の前を通る方にはよく二度見されます」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

玄関からダイニングキッチン方向を見る

ドアを開けた瞬間の光景。玄関とLDKをつなぐ廊下や扉を設けていないため、玄関ドアを開けると家族の声が聞こえる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

小物が並ぶ玄関

玄関横にニッチをつくり、ディスプレーコーナーに。写真右の開口の先はシューズクロゼット。手前のスイッチにもこだわり、シャープでシンプルなデザインを採用
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

ダイニングキッチンを見る

凸凹感のあるウッドパネルのアートが空間を引き立てるダイニングキッチン。吹抜けから降り注ぐやわらかな光がより存在感を際立たせている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

見せない収納ですっきりの対面キッチン

奥さまのお気に入りのひとつは、天井までの高さがあるキッチン背面収納。家電や小物などを使わないときは扉で隠してすっきり収納できる。キッチンは腰壁を立ち上げて手元が見えないように
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

敷地形状を活かして設けた吹抜けを見上げる

子ども部屋とつながる吹抜け。「ふたつの吹抜けを介して、ほぼすべての部屋がつながっているので、いつも家族の気配を感じることができ、家のどこにいてもコミュニケーションを取れるようになりました」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

はしごがある吹抜けのリビング

はしごを上ると主寝室併設のロフトにつながる天井高5.3mの吹抜けリビング。東・西・南面に設けたハイサイドライトや庭に向かって開いた窓から差し込んだ光で一日中満たされる明るい空間
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

開放感いっぱいのリビングから見る

リビングの頭上、ダークグレーの飛び出た部屋はご主人の書斎。開口を介して、書斎で過ごすご主人と、1階で過ごす家族が会話できる。書斎には窓がないため、開口が採光、通風、換気の役割も兼ねている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

2.5畳の小スペースでも活躍する憩いの場所

リビングに隣接して配した小上がり&カーペット敷のフリースペースはお子さまのお気に入りの場所。「現在は子どもたちの遊び部屋ですが、家族の成長とともに多目的に使えそうです」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

光と風が心地いい22.5畳のLDK

リビングとダイニングキッチンがL字でつながるオープンな間取り。2面開口により、視界が開けて開放的な雰囲気を感じられる。床はオーク材を張り、床暖房も完備。耐震や耐風等級は最高ランクを取得している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

大きな窓から光をふんだんに取り込む吹抜け

断熱や空気循環に配慮しているため、吹抜けや大窓を設けても快適。「開口を多く取り、大きな吹抜けを設けたため、冬の寒さが気がかりでしたが、床暖房で解決しました。防音性も良いように感じます」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

リビング上部のロフト方向を見る

吹抜けに面した趣味の楽器を楽しめるロフト。趣味スペースを個室ではなく、オープンに配することで、階下にいる家族とも音楽を楽しめる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

光が降り注ぐ階段を見る

階段の1階部分は圧迫感が出ないよう壁をなくし、アイアンの手すりを採用。写真右は、ロールスクリーンでサッと簡単に目隠しできる奥さまのワークコーナー。キッチン・ワークコーナー・洗濯室の動線が短いので、家事ラク
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

2階ホールから見る

吹抜けや2階ホールの天井には濃色の木目調クロスを採用。床や建具とともに適所に木目を取り入れることで、木に包まれているような心地よさを楽しめる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

玄関を上がってすぐの洗面コーナー

玄関で靴を脱いですぐに手洗いができる洗面コーナーは、ご主人のお気に入りの場所。奥にはゆとりの広さを確保したサニタリー空間や収納を用意
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

階段下を有効活用したトイレ

アクセントウォールで華やかさをプラスした1階トイレ。写真右奥には、アクセントウォールと一体化させたニッチ収納を用意。扉を閉めれば壁と同化するので見た目もすっきり
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

高さのある目隠しフェンスで囲った庭

日当たりのいい南東向きに、LDKから直接出入りできるウッドデッキを設置。透過性のある木製フェンスを使用することで、光と風を呼び込みつつ、外からの視線を遮断
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/07/hkn/

表情豊かな夜の庭

家にいながらアウトドア気分を楽しめるウッドデッキのテラス。夜は昼間とは違う雰囲気で、家族で星空を眺めたり、夕涼みをしたり、シーンに応じて楽しい時間を過ごせる

建築概要

コンセプト

小高い丘にある昔ながらの閑静な住宅地での計画です。周辺には緑豊かな公園があり、荘厳な周辺環境が形成されています。敷地は、南東角地という絶好の立地でありながらも高低差があり、密接した近隣住宅と活発な交通量がある環境下にあります。
ご主人は建築系エンジニアとしてお勤めですが、木造建築を扱うことがほぼ無いことから、住まいは木の温かみを感じながら暮らせる家が良いという思いをお持ちでした。そして、住宅性能や敷地の特性、ライフスタイルに考慮した動線の確保にも重点を置くことを望まれました。
外観は、北側をシンプルなデザインとし、交通量が活発な南側を木製サイディングで仕上げ、帰宅時から木を意識できるようにしました。また、角地に佇むシンボル的な要素も含んでいます。室内は、南東側に計画した庭を取り囲むようにダイニングキッチンとリビングを計画しました。庭を木製フェンスで囲い、シンボルツリーを植えることで、LDKのどこからでも庭を感じられるようにしました。リビングは平面だけでなく立体的に庭とつなげるため、吹抜けを設けました。この吹抜けに面してロフトを設け、ご主人の趣味スペースにして「らしさ」を演出しています。1階には、LDKに近接して奥さまのワークコーナーとサニタリー空間を配置しました。サニタリー空間は玄関からすぐにアクセスできる帰宅動線も確保しており、オンとオフをはっきりと切り替えられるよう計画しています。2階には寝室とご主人の書斎を配置しました。これらの空間をふたつの吹抜けでつなげることで、どこにいても家族の気配を感じ取れるようにしています。
施主様ならではの豊かな感性とご家族に対する想い、エンジニアとしての知識から住宅の外殻と計画が形成されて、本住宅は完成しました。そして、完成した感性豊かな木の家は、施主様だけでなく往来する人々にとっても「気になる木の家」として存在感を放っています。

受賞歴

LIXILメンバーズコンテスト2018/敢闘賞[LIXIL主催]

敷地面積
117.66㎡[35.59坪]
建築面積
67.97㎡[20.56坪]
延床面積
111.42坪[33.70坪]
建築場所
大阪府枚方市
構造
木造[在来工法]
規模
2階建て
竣工年月
2017年12月
本体価格
2000~2500万円
分類
ARCHAUS
性能
ZEH
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る