top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

SSH-house 光彩の家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

温かみのある素材と配色のファサード

周囲の落ち着いた環境に馴染みつつも存在感を放つファサード。外からの視線に配慮して前面道路側の窓を最小限に抑え、玄関ドアは見えないように設計。1階の木張り部分が視線を集めるポイントに
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

訪れる人を魅了する玄関

玄関は窓を設けず、間接照明や右奥のガラス戸などを通して届く柔らかな光で印象的に空間を浮かび上がらせ、美しく見せている。ニッチやピクチャーレールを用いてディスプレイしたアートや小物が訪れる人を楽しませてくれる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

タイルが目を引く印象的な玄関

床には木目との相性も良いヘキサゴン型タイルを採用。六角形が柔らかな印象を与え、黒×白目地によって落ち着いた存在感を醸し出している。玄関横には建具なしで連続する玄関収納を用意
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

通り抜けできる玄関収納

玄関収納は家に帰ったら靴や傘などをしまいながら室内に入れるファミリー動線に。すぐに手を洗えるよう隣に洗面コーナーを設置。右手のニッチやハンガーバーは使い勝手が良い
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

リビングは吹抜けで開放的に

日当たりのいい南側にLDKと庭を配し、外からの視線を回避するように窓を設置。庭側の2面開口やハイサイドライト、吹抜けによって、心地いい光と爽やかな風に包まれ、心身ともに快適に過ごせる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

ダイニングキッチンを見る

木張りと間接照明で設えた折り下げ天井のキッチンは、リビングとは対照的の温かみと包み込まれるような安心感がある。生活観が出やすい冷蔵庫はリビングから見えにくいところに置き場をつくり、垂れ壁を設けてすっきり収納
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

おうちカフェも楽しめるオーダーキッチン

カフェスタイルを楽しめるコーナーカウンターがポイントのオーダーキッチン。カウンターに座っている家族と距離が近く、料理をしている間もコミュニケーションを取りやすい。配膳や片付けもラクにできる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

スマートな収納計画

左奥のドアを開けると日用品や掃除道具、オフシーズンのアイテムなどをまとめて保管できる収納がある。収納場所の分散を抑えることで集中管理でき、スマートに暮らせる。収納量が大きいのでLDKはいつもすっきり
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

無駄のないすっきりとしたリビング

テレビは壁掛け式とし、コード類が露出しないすっきりとした空間。浮遊感を出した造り付けのテレビボードはシンプルで秀逸。グレーのアクセントクロスやブラックウォルナットのフローリング、間接照明で落ち着いた雰囲気に仕上げた
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

家族が顔を合わせやすいプラン

2階ホールとつながる吹抜けやリビング階段が自然なコミュニケーションを生むきっかけに。LDKのどこにても庭を眺めることができ、キッチンに立っていてもリビングまでしっかりと目が届くのでお子さまを見守れて安心
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

階段を見上げる

2階に向かうときには柔らかな光が迎えてくれる。階段は圧迫感が出ないように前半をスケルトン階段に。後半部分は階段下を活用し、玄関ホールから出し入れできる収納を設置
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

階段にも遊び心をプラス

1階に降りていくときにだけ見える天井ニッチはほっと心を和ませてくれるプチギャラリーとして活躍。こうした小さなところにも遊び心を取り入れられるのは注文住宅のメリット
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

2階ホールを見る

2階ホールは吹抜けに面してカウンターデスクを造作して書斎スペースに。家族の気配をほどよく感じつつ、集中できる空間なので作業もはかどりそう。右手はインナーバルコニーに続く
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

景色を楽しめる書斎スペース

高い位置に設けた2面のピクチャーウィンドウが山の緑や青空を見せてくれる。屋外の開放感が室内とつながり、空間がより広く感じられる。景色に癒されながら穏やかな時間を過ごせそうだ
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

寝室を見る

ヘッドボード側は上下でアクセントクロスを張り分け、ふかし壁や優しく照らす間接照明で立体感をつくってリラックス空間を演出。アートやウォールステッカーが可愛らしい彩りを添えている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

ファミリークロゼットを見る

階段を上がると手前にあるファミリークロゼット。家族の衣類などを1か所でまとめて管理できるので便利。物干し用のインナーバルコニーからも近く、洗濯動線はスムーズ
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

玄関ホールの一角に設けた洗面コーナー

ランタン型のモザイクタイルがレトロな雰囲気を演出。鏡、ボウル、タオルバーなどにもこだわりが反映され、使うのが楽しくなりそう。オープンなので帰宅時の家族やゲストも気軽に使いやすい
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

さりげなくヘキサゴンを取り入れた洗面室

床には玄関と同じ模様を取り入れて内装に統一感を演出。グレーのヘキサゴン型タイルがシンプルな空間に優しいニュアンスをプラス。洗面台はミニマルなデザインで造作。タオルバーやハンガーパイプを取り付け、一時掛けや室内干しもできるように
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

開放的で清潔感のある浴室

清潔感のある白い浴室と洗面室はガラスで仕切り、3方向にハイサイドライトを設置。視覚的な一体感や広がりが生まれ、白い壁に柔らかな光が反射して明るい空間に。ブラックフレームは空間を適度に引き締め、シックな雰囲気を演出
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

モノトーンでまとめた1階トイレ

背面のふかし腰壁は上部を収納として造作。棚板がフタになっていて、収納物を出し入れできる。生活感が出るトイレットペーパーは敢えて表に出し、雲をイメージした壁面収納でおしゃれに見せるなど、施主様の遊び心とセンスが随所で光る
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/06/ssh/

空を眺めるプライベートな屋外空間

LDKとフラットでつながる縁側のようなウッドデッキや人工芝の庭はアウトドアリビングとして活躍。壁を高くすることで快適でプライベートな庭を実現。緑、空の自然を身近に感じながらのびのびと過ごせる

建築概要

コンセプト

敷地は美しく区画整理された住宅街にあり、北西と南東の二方道路に接しています。北西側は緩やかな勾配、南東側は歩車道と1メートル程度の高低差があり、北東側に隣家、南西側にも将来住宅が建築予定にある環境です。ご家族はこの場所に光が溢れ、周囲を気にせず暮らせる住まいを望まれました。まず、北西側前面道路に沿った勾配の高低差を考慮し、段差を極力抑えて玄関にアクセスしやすいよう高い位置に玄関を設定し、低い位置には駐車場スペースを計画しました。次に、光の入り方を考慮しながら周囲の家や歩行者からの視線が気にならないよう圧迫感を抑えた高い壁で囲った庭を南側に設けました。そして、庭を囲むようにLDKを配置し、リビングに吹抜けをつくり、安心して十分な光を取り込むとともに、中庭から室内へ風が立体的に流れるよう窓の位置を決定しました。2階は閉鎖的にならないよう吹抜けを介してリビングとつながる書斎スペースを配置し、各居室と水まわり、2階で洗濯が完結できるようインナーバルコニーでまとめました。施主様が当初からお持ちでしたインテリアの明確なビジョンが建築と美しく調和し、彩りある住まいとなりました。

敷地面積
151.78㎡[45.91坪]
建築面積
65.29㎡[19.75坪]
延床面積
108.54㎡[32.83坪]
建築場所
兵庫県神戸市
構造
木造[金物工法]
規模
2階建て
竣工年月
2018年9月
本体価格
2000~2500万円
分類
ARCHAUS

同じ条件からその他の建築実例を探す

2000万円台2階建てARCHAUS吹抜けのある家
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る