top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

IMO-house 借景のあるインドアカゾクの家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

北向き立地&高低差のある敷地に建つ住宅

ツートーンでメリハリを付けたスタイリッシュな外観が目を引く。建物と駐車場の高低差が約3.4mのある北向き立地の特性を最大限生かし、開放感ある住空間を実現した
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

北側外観の夜景

夜になると、窓からやんわりと漏れる柔らかい光によって、美しい佇まいが浮かび上がる。凸凹のあるプロポーションと窓の配置から精密なプランがうかがえる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

アプローチから見る

土間コンクリートでシンプルに仕上げた駐車場の脇に植栽スペースを設けることで優しげな印象に
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

ポーチを見る

奥には擁壁から突き出したウッドデッキのテラスが見える。手すりは眺めを遮らないよう、スチール製のシンプルなデザインで仕上げた
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

玄関から見る

玄関をダークトーンで落ち着いた雰囲気にまとめることで、LDKの開放感の引き立て役に。階段をスケルトンとすることで視線のヌケをつくり、圧迫感を抑えて一体感を生み出している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

ホールから玄関を見る

写真左はシューズクロゼットを兼ねた家族用の玄関、写真右はLDKにつながる。2階は水まわりと寝室のプライベートエリアとしている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

ホールから見る

キッチン前のスペースにパーソナルチェアを1脚置くだけで、ラウンジのようなリラックスできる居場所が生まれる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

ダイニングキッチンを見る

料理をつくって並べる動作がスムーズな一直線に並んだダイニングキッチン。扉で隠せる背面収納により、家電などのモノが何も出ていない、生活感を見せない状態を保てる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

景色を楽しみ、家族を見守れるキッチン

キッチンからはリビング、ダイニング、和室、玄関、ウッドテラスが見渡せるので、家族に目が届きやすく安心
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

景色が開けて風通しも良いLDK

窓から広がる景色によって奥行きを生み、リビングダイニングの吹抜けによって縦空間に広がりを生んだ住空間。南北対称にハイサイドライトを設けることで、北向き立地であることを感じさせないほど光に満ちた空間を実現
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

大きな開口でフラットに続くリビングとテラス

高台のロケーションを活かし、リビングの先には同じ床の高さで続く、ウッドデッキのテラスを配した。窓越しに見える緑豊かな眺めは、絵画のようにインテリアの一部となり、室内にいても外の開放感や清々しさを感じられる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

リビングから麓の池方向を見る

目の前の借景や麓の池を存分に楽しめるよう、開放感あふれる窓を2面に設置。ソファでくつろぎながら眺望を楽しめる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

リビングから趣味室を見る

石張りの壁の色合いや独特の質感が豊かな表情を見せる。壁の奥はサロンと称した約4畳の趣味室で、こもれるコージーな空間
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

サロンと称した趣味室を見る

アップライトピアノが置かれた趣味室。背後には本棚を造り付け、読書や音楽を楽しめる空間に。写真右上には玄関とつながる開口があり、家族の出入りも分かりやすい
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

高級感のあるしつらえが美しい約21畳のLDK

家具調キッチン、床、建具、梁に至るまでダークブラウンで統一感を出したインテリアに石張りの壁が映える
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

梁が映える吹抜けリビングとダイニング

天井高5.2mののびやかな吹抜けを設けたダイナミックな空間。存在感を放つ2本のあらわし梁が空間のアクセントになっている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

ダイニング側からキッチン方向を見る

リビングとダイニングキッチンを緩やかに区切ったL字型のLDKは20畳を超える広さ。キッチン以外の水まわりを2階に集約することで実現した
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

和室を見る

縁なしの畳、丁子茶色の吊押入、和柄×ダークトーンの天井が和モダンの空間を演出。地窓から差し込む光がより趣きのある雰囲気を醸し出している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

玄関とキッチンからアクセスできる和室

キッチンに隣接して和室をを配置。お子さまを寝かせながらでも家事がしやすく、来客時にも個室として使えるので、暮らしの幅が広がる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

将来間仕切り可能な子ども部屋

現在は広い1部屋だが、お子さまが成長したら間仕切りをして、2つの個室にできるようドアを2つ用意
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/08/imo/

集中して使いやすい個室の書斎

北側に位置するため、日中は安定した光が差し込む。寝室とは別に設けた個室なので、時間を気にせず、静かに集中できる環境

建築概要

コンセプト

北側道路に面し、新しく造成された擁壁を持つ眺望豊かな敷地で、高台からは麓に見える四季の移ろいを感じる池や正面の庭園を見下ろすことができる環境です。施主様のご要望は麓の池への眺望と、インドア派のご家族が居心地よく暮らせる住まいの追求でした。玄関までのアプローチは高低差があるため、水まわりを2階に設置し、1階の主室をより豊かな空間となるように計画しました。まず、住まいの中心にサロンと称した趣味室を配置し、それを囲うようにLDKと和室、玄関を配置しました。サロンは、ゆったりと読書をしたり、音楽を聞いたり、自由にくつろげる空間としました。リビングは、借景を取り込む大開口と吹抜け、南北をつなぐハイサイドライトで、絵画のような静謐(せいひつ)な空間としました。リビングはウッドデッキのテラスと連続させることで、室内に居ながら外で過ごしているような感覚を楽しむことができます。それぞれの場所が緩急のある空間となり、家族の居心地と生活をより豊かにする住まいとして完成しました。

敷地面積
156.93㎡[47.47坪]
建築面積
73.22㎡[22.14坪]
延床面積
119.23坪[33.06坪]
建築場所
大阪府茨木市
構造
木造[NK工法]
規模
2階建て
竣工年月
2018年2月
本体価格
2000~2500万円
分類
ARCHAUS

同じ条件からその他の建築実例を探す

2000万円台2階建てARCHAUS吹抜けのある家
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る