top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

KST-house 奥行きの家

3台の愛車を収容できるガレージを左右に

東西にインナーガレージを設けた邸宅。車を見せるというよりも、車との共存を考え、西側はトンネルのように中庭に通じさせることで、リビングや中庭から間近で愛車を眺めるられる心にくい演出を施した

左官仕上げの重厚なファサード

敷地を最大限活かすべく正面は敢えて閉鎖的に。シンプルを究めたフォルムと無機質な素材づかいが、圧倒的な存在感を生み出している。「きっかけは、アドヴァンスさんがプロデュースした近所のカフェに一目惚れしたことでした」

アプローチを見る

軒の開口から陽光が差し込むアプローチは、内部への期待感を駆り立てる。時間によって差し込む光の量が変わり、日々の生活の中で、自然に感じることができる

玄関を見る

外から直接見えない位置に設けたモダンな玄関は格調高い住まいの象徴。シックなカラーの木製扉は天井まで届く高さで造作した。両袖のFIX窓によって、壁に囲まれた玄関ポーチを明るい雰囲気に仕上げた

中庭を見通せる玄関ホール

玄関ホールの正面、ガラス張りのFIX窓の向こうに中庭が広がる。閉鎖されたイメージの外観とのギャップに驚かされる瞬間である。重厚な石壁によって緩やかに仕切ることで、ゲスト用と家族用の2動線を設けるという配慮も

ゆったりと広く、気品に満ちた玄関

オーナー様の目利きによるアートや家具などから、洗練されたセンスの良さがうかがえる、ゲストを迎えるにふさわしい玄関。ファッションへの造詣が深いオーナー様のため、左手の家族用玄関には収納量豊富なシューズクロークやWICを用意

玄関ホールからLDKを見る

設計自由度の高いSE構法のメリットを活かした幅5.5m、奥行き12mのLDK。大開口によって外部と緩やかにつながり、自然を身近に感じながら潤いのある暮らしを満喫できる。石、木、土などの素材が上質感を演出

リビングからキッチン方向を見る

オブジェのような階段が吹き抜け空間に個性をプラス。ライトコントロールを使うなどして、とっておきの空間に。今まではご家族全員でくつろぐことができなかった空間だけに、こだわりの場所にしたいという想いがたくさん詰まっている

キッチン側から見たLDK

天井に高低差を設けて変化をもたらし、AVカウンターは石積みによって重厚感を添える。家族や友人たちの語らいを存分に楽しめるよう、細部にわたって美と落ち着きを追求し、極上の居心地を実現した

ダイニングキッチンを見る

アイランドキッチンはフロアに馴染むシックなカラーをチョイス。間接照明を活かしてインテリア性を高め、煩雑になりがちな物はすべて大収納の内部に。壁にはコレクションの絵画が飾られ、生活は感じられない

自然を取り入れたリビング

大きな吹き抜けの明るいリビングに木・珪藻土・石を効果的に使用。4m×7mに切り取った大開口からは、金魚が泳ぐ水盤も眺められ、巨匠建築家F・L・ライトが目指した空間にも通じる自然との共生を実現した

2階ホールを見る

「建設予定地が二転三転してなかなか決まらず、最初にお会いしてから1年半は何も進展しませんでした。そんな状況でもイヤな顔ひとつせずに真剣に向き合ってくれました。これはご縁だなと思って、すべてお任せすることにしました」

2階ホールから見下ろす

吹き抜けと中庭への開放感が見事な2階ホール。洗練されたシャープな手すりが空間により開放感を与えている。暮らしやすさに配慮して、2階は子ども部屋とWICのみとし、1階にご夫妻の寝室を配置することで、1階で生活が完結できるようにした

サニタリールームを見る

ホワイトカラーをベースにした清潔感漂う上品なサニタリー空間。浴室・洗面室・トイレを横一列に配置し、それぞれをガラスで仕切ることで、開放的な空間に仕上げている。右手のクロゼットには、サニタリー用品や洗濯機などを収納

上品でホテルライクな空間

スタイリッシュでシャープな洗面ボウルはALAPEのもの。水栓はLDKのソファやインテリアとともに、アントニオ・チッテリオがデザインしたもので統一。ガラス扉の向こうのバスルームは、全面にモザイクタイルを採用し、上品な仕上りに

重厚感のある石張りを取り入れた中庭

建物によってコの字型に囲まれた中庭は、屋内に自然を導き、開放感を高めるなど、様々な役割を担う。水辺のテラスは、リビングの延長でもあり、光と風を浴びながら朝食やランチを楽しむこともできる

庭から見る

「移ろう光の表情や植栽の緑に親しみながら快適に暮らしています。夜は水面に浮かぶ月を愛で、ときには車を中庭に移して眺めたりと、自分らしい暮らしを満喫できる我が家は最高です」

ラグジュアリーな夜のリビング

今回の家づくりでは思いきり好みのインテリアで設えたいと、家具や装飾にも存分にこだわったオーナー様。家を見渡せば納得、ハイセンスな設えがあちこちで静かに主張している。家具はB&B Italiaを中心にコーディネート

水盤に映る月あかりに心が癒される中庭

テラスに出てくつろぐひととき。まるで鏡のような水盤に映る月明かりと木々の形に心が癒される。テラスと水盤のある中庭には外部から視線は届かず、気兼ねなく心身を解き放つことができる

建築概要

コンセプト

南北方向に奥行きを持つ計画地。東側に高架、西側に工場、南北に住宅地が密集する周辺環境下にある中、隣地にある工場を経営していることから生活上での利便性を考えて、土地購入に至りました。オーナー様からの要望は、自然と素材を活かし、週末にはゆっくりと静かで豊かに過ごせる家であり、嗜好である愛車との生活を考えるというものでした。
敷地には大きな落葉樹が茂り、光と影が美しく、少しの自然の癒しを感じましたが、変わらず周囲からの干渉が強い場所でした。この敷地が持つ特性としての奥行きや光・影を映す自然、人と車との共存を考え、「距離観」というテーマを見出し設計しました。人は距離感という視覚的なものに、無意識に距離を認識します。また、もう一方で感覚的に近くや遠くに感じることで感情として左右されることもあります。ここに、その場所で感じる距離観によって豊かさや快適性を享受できないものかと考えました。
南に位置するファサードは、閉鎖的な表情を持ちながらも、時に開いて周辺環境に応じる佇まいとしました。また、アプローチ上部の庇に設けた開口部からは、時間による自然光の移ろいを表情として楽しめるようにしています。閉鎖的な環境下の中で玄関に入ると、奥行きを感じ、中庭に通じる風景がそこに映り、内面の近しい感覚を覚えます。そこから細く続く通路を抜けたリビングは、縦と横と高さに奥行きを持たせた空間とし、内外部に同素材となる石のテクスチャーが点在することで、外部との境界を曖昧に感じさせています。
東側にある高架からの視線と音、周辺からの喧騒を建築として遮りながら、住空間を中庭に開いた外部と内部がつながる大きな空間の中で、それぞれに感じる豊かな距離観を生活の中で見出すことができることは、豊かさに通ずるのではと考えます。また、この中庭には落葉樹を中心に水盤が張られ、自然が持つ安らぎと風を運ぶ装置となっています。そこにガレージを通り抜けた愛車を取り込むことができるという新たな共存を図りました。内にありながらも、自然と建築、生活と趣味、それぞれの距離観によって、生活の中で施主にとっての新たな価値観となることを期待しています。

受賞歴

Residential Lighting Awards 2007/地区優秀賞[パナソニック主催]
LIXILメンバーズコンテスト2007/地域最優秀賞[LIXIL主催]

敷地面積
476.08 ㎡[144.0坪]
建築面積
225.83㎡[68.3坪]
延床面積
256.25㎡[77.5坪](ガレージ含)
建築場所
大阪府貝塚市
構造
木造[SE構法]
規模
2階建て
竣工年月
2007年5月
本体価格
5000万円~1億円
分類
GA
「建築実例」掲載について
  • ■本コンテンツでは当社がオーナー様と創り上げた新築住宅・リフォームなどの設計・施工事例やプロジェクト事例をご紹介しています。
  • ■掲載写真はプライバシー保護や不要物除去などを行うため、撮影した写真にCG加工を施しているものがございます。
  • ■掲載写真は撮影当時のものです。掲載写真の外内装などは敷地や周辺環境等の諸条件、地域の条例、取り扱いの変更・中止、その他の諸事情により同じものを採用できない場合がございます。
  • ■完成予想図(CGパース・CG合成画像など)の場合、実際の建物・環境とは多少異なる場合がございます。
  • ■当ウェブサイトのテキストや画像等の無断使用(複製、転載、頒布、掲示、譲渡、貸与、使用許諾、再利用などを含む)、変更、改ざん等の行為は固くお断りいたします。
  • ■ご利用のインターネット環境により、画面での色・質感などは実際と異なる場合がございます。
  • ■本体価格および本体価格帯には、消費税、外構工事・地盤改良工事・屋外給排水工事などの付帯工事費、諸費用、土地購入費用、家具購入費用などは含まれておりません。
  • ■本体価格および本体価格帯は建築当時のものであり、価格改定などによって現在の価格とは異なる場合がございます。
  • ■Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)に該当する場合も総称して「ZEH」と表記しています。
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る