top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

Gap

多彩な素材がおりなす重厚感のある端正な外観

間口の広い100坪の変形地で静かに佇む、水平ラインを生かした重厚感のある邸宅。門塀は恵那石と杉板型枠コンクリート打ち放し、外壁材は塗り壁と石目調タイルを使用。異なる素材を共演させて、グレーでまとめることで気品ある外観に仕上げた

間口約6mのシャッターを開けた外観

開閉がスムーズな電動シャッターを開けると車2台を並列できるガレージが現れる。上部の突き出したパーテーションは意匠のためだけではなく、2階廊下に接する窓を目隠しする役割も担う。内側は採光のために吹き抜けとなっている

美しく浮かび上がる夜の外観

水平ラインを強調した間接照明の温かな光で浮かび上がる優雅な雰囲気の外観。道路沿いには、アオダモ、モミジ、ブルーベリー、十月桜、山桜、赤松など、四季折々に目を楽しませる豊かな庭木や地被類がバランスよく植わっている

東側から見た外観

将来住宅が建築されることを想定し、敷地南側と東側の外周は重厚なコンクリートの壁で囲み、プライバシーを確保。「環境のいい場所で暮らしたい」というオーナー様の願いを叶えるため、土地探しの段階からともに家づくりを行った

最大5台駐車可能なガレージ

1階の半分近くをフェラーリやGクラスなどの愛車3台を駐めるためのガレージに充てた。左奥は光庭の役割を担ったテラスで、ガレージとしても活用できる。ガレージ手前も広さに余裕があるため、ゲスト用の駐車スペースとして活用できる

南東側に設けた光庭から見る

建物を北側に限度いっぱいまで寄せ、南側のボリュームを斜めに振ることで、最大限の広さを確保したテラス(光庭兼ガレージ)。2階奥に見えているのはLDK。美しさと強さを共存させた大開口や大空間は木造(SE構法)で実現した

内外のギャップと立体対角線を楽しめる空間構成

玄関に入ると、整然とした佇まいのファサードとは一変し、抜けや広がりを生むための角度の異なるレイヤーが複雑に交差した住空間が現れる。ダイナミックな縦方向への抜けの心地よさは圧巻。奥は玄関収納、主寝室とバスルームに続く

玄関からLDK方向を見る

天井高も広さも確保したゆとりの玄関。床はアプローチから玄関まで同じタイルが続いている。右手の壁は外壁と同じタイルを使用。光に導かれるように階段を上がると、ダイナミックな空間が待っている

2面の大開口に目を奪われる2階リビング

高さ制限の関係から階下のガレージの天井高さを抑えることで叶えた高天井リビング。南東側は全面ガラスの美しいカーテンウォールで大きく開き、光に満ちた空間に。床は600角のタイルを採用した。左奥にはダイニングキッチンがある

上質感に満たされるグレージュインテリア

内装は明度の異なる3種類のグレーを用いて、全体を上品なグレージュでコーディネートし、落ち着いた雰囲気に。ソファやサイドテーブルはモルテーニ、奥のリビング収納と右手のTVボードは空間に合わせてデザインし、仕立てた

華やかさのあるくつろぎのリビング

広すぎない絶妙なスケール感と柔らかな陰影が展開する居心地のいい空間。部分的に外壁と同じタイルを使うなど、巧みな素材使いに邸宅感が漂う。2階リビングでも気軽にテラスと行き来し、愛車や自然を身近に感じられるよう外階段も設置した

ダイニングキッチンを見る

料理をしながらダイニングやロフト、リビングで過ごす家族と会話しやすいキッチン。キッチンと上部ロフトの間だけ鉄骨梁を採用し、天井高さを確保した。ダイニングテーブルはB&B Italia、チェアはモルテーニのもの

グレートーンのシックで落ち着いたキッチン空間

時代に左右されないエレガントかつミニマルなデザインは高級システムキッチン「ジーマティック」ならでは。カウンタートップにはセラミックストーンを使用。天井と同じ高さのキャビネットを組み合わせ、建築的な無駄のない構成に

光庭に面してL字でつながるLDK

リビングとダイニングキッチンは緩やかなL字でつなげて、双方の窓越しに緑や街並み、空が広がるプランに。左手のタイル張りの壁の中はWICと収納。扉は壁面の一部に見えるよう、同じタイルを張り、枠が目立たないように仕上げた

リビングから階段を上がった踊り場から見る

2階はスキップフロアで3層に分け、暮らしのシーンによって空間を区分。大階段から先は子どもたちのゾーンで、踊り場で奥に見えるフリースペースと個室に続く動線の二手に分かれる。床には踏み心地のいいウール素材のカーペットを敷き込んだ

眺望を楽しめるフリースペース

最上層部にあるフリースペースは、座った位置から窓越しに遠く向こうの海まで眺められる特別な場所。吹き抜けに向かって造り付けたカウンターには椅子を並べ、自由に勉強や仕事に打ち込むことができるカフェのような空間になっている

フリースペースからLDKを見下ろす

リビングは大人の空間、フリースペースは子どもの空間として使い分け。この2つの空間は吹き抜けを介して互いの気配を感じられる絶妙なバランスでつながっており、コミュニケーションも取りやすい

ホテルライクなサニタリー空間

間仕切りをガラス張りにして開放感を出したひと続きのパウダールームとバスルーム。洗濯機はバスルーム横の収納に隠し、ホテルライクを演出。システム洗面台は2ボウルを採用し、隣にトール収納を設置して使い勝手よく

贅沢に浸かるバスルーム

壁に洗面室と同じ石目調タイルをあしらい、一体感を出した造作バスルーム。天井やエプロン部分に取り入れたダークグレーが空間を引き締め、スタイリッシュな雰囲気に仕上げている。バスタブはジャクソン、水栓はcyeをセレクト

外の視線を気にせず、安らげるテラス

主寝室に隣接した全長約8m、奥行1.5m、水深1mのプールを設けたテラス。夜になると、ライトアップによって青く染まり、幻想的なシーンをつくる。外壁と同じタイルを張った大壁が周囲からの視線を遮っているため、安心して過ごせる

ガレージと直結するテラス

テラスからも愛車が眺められるように設計し、ガレージからテラスまで同じタイルを張り、連続性を協調した。プール遊びの後にシャワーを浴びてから室内に入る動線を確保するため、バスルームにも直接アプローチできるようにしている

建築概要

コンセプト

古くからの閑静な住宅街で、オーナー様が手に入れたのは北側と西側に道路が走り、東と南隣には将来住宅が建つ予定にある100坪の角地でした。建蔽率や容積率、高さ制限などの厳しい制約の下で、複数台駐車できるインナーガレージと、家族5人で暮らす十分な居住面積を確保し、採光と通風、さらにプライバシーを確保した住まいを望まれました。
住宅密集地でもプライバシーを守りながら採光を得るため、敷地北側に建物を寄せ、南側に光を享受できる余白をつくり、北側の建物からやや斜めに交わるボリュームを立ち上げました。この南側に突き出たボリュームを斜めに振ることで、南東側の空間を最大化させ、約6×7メートルのテラス兼光庭が確保でき、内部に最大限の光と視覚的な広がりを生み出すことにつながっています。
1階はガレージとテラス、主寝室、サニタリー空間、2階はLDKと子どもたちのゾーンに高低差を設けてゾーニングしました。それぞれは立体対角線上につながり、水平ラインを強調した端正な外観とは大きなギャップを感じる大胆な空間構成になっています。光に満たされた程よいスケール感のリビングダイニングは、ガレージの天井高を低く設定することで、天井高さ3.7mを確保。さらに南東方向に全面ガラスのダイナミックな開口を設けたことで圧倒的な開放感をもたらしています。また、全体の色合いをグレージュでコーディネートすることで、ここに身を置くと心地よい安心感にも包み込まれます。
角度や高さの差が空間に奥行きと変化を与え、家族同士の新しい距離感やコミュニケーションを生み出す唯一無二の邸宅が完成しました。

受賞歴

A’ Design Award & Competition 2021/SILVER[OMC Design Studios SRL and its spinoffs 主催]

敷地面積
333.32㎡[100.8坪]
建築面積
133.28㎡[40.3坪]
延床面積
266.31㎡[80.5坪](ガレージ含)
建築場所
兵庫県
構造
木造[SE構法]
規模
2階建て+PH
竣工年月
2021年3月
本体価格
1億円以上
分類
GA
性能
Nearly ZEH
「建築実例」掲載について
  • ■本コンテンツでは当社がオーナー様と創り上げた新築住宅・リフォームなどの設計・施工事例やプロジェクト事例をご紹介しています。
  • ■掲載写真はプライバシー保護や不要物除去などを行うため、撮影した写真にCG加工を施しているものがございます。
  • ■掲載写真は撮影当時のものです。掲載写真の外内装などは敷地や周辺環境等の諸条件、地域の条例、取り扱いの変更・中止、その他の諸事情により同じものを採用できない場合がございます。
  • ■完成予想図(CGパース・CG合成画像など)の場合、実際の建物・環境とは多少異なる場合がございます。
  • ■当ウェブサイトのテキストや画像等の無断使用(複製、転載、頒布、掲示、譲渡、貸与、使用許諾、再利用などを含む)、変更、改ざん等の行為は固くお断りいたします。
  • ■ご利用のインターネット環境により、画面での色・質感などは実際と異なる場合がございます。
  • ■本体価格および本体価格帯には、消費税、外構工事・地盤改良工事・屋外給排水工事などの付帯工事費、諸費用、土地購入費用、家具購入費用などは含まれておりません。
  • ■本体価格および本体価格帯は建築当時のものであり、価格改定などによって現在の価格とは異なる場合がございます。
  • ■Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)に該当する場合も総称して「ZEH」と表記しています。
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る