top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

HYK-house 光が溢れる中庭とギャラリーのある家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

白と黒のツートンを効果的にデザインした外観

独特のフォルムが特徴のシャープな外観デザイン。白と黒の大判タイルが醸し出す圧倒的な存在感が建物の主役となっている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

存在感を放つ外観夜景

モノトーンの外観がライトアップされ、より艶っぽく風格ある佇まいを見せている。その美しさに心が惹かれる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

アプローチを兼ねたビルトインガレージ

壁にあしらった大判タイルが柔らかく光を反射し、ラグジュアリーな雰囲気に。雨の日は濡れずに車の乗り降りができるので快適
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

タイル張りの玄関ドア

玄関ドアにも壁と同じ表情豊かなタイルを張り、一体感を高めることでよりクールな雰囲気に
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

玄関を見る

ダークトーンの床タイルと、フロートタイプの白い靴箱のコントラストがスマートな印象を与えている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

ウォークイン玄関収納

玄関横には靴や外で使う道具の置き場として重宝する、出し入れしやすいウォークイン玄関収納を設置。窓からは坪庭が眺められる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

2WAY動線の玄関ホール

視線が奥へと届くようにガラス戸を採用。ホールの左側はリビング、正面は水まわりに続く2WAY動線を確保
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

適材適所の収納を備えた24畳超のLDK

リビングやダイニングのそばに収納を3つ設置。奥行きの深い部分、浅い部分の両方を設けているので、家電や小物など、さまざまな物をスッキリと片づけることができる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

リビングを見る

庭へと続く大きな窓とインテリアのように設えたスケルトン階段が印象的なリビング。シースルーの手すりが奥行きとヌケを生み開放感がアップ
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

リビングから庭方向を見る

天井高約3.9mの伸びやかな吹抜けリビング。庭に向かって大きく視線が抜け、さらなる広がりを演出。隣家が迫る都市部でも明るく開放的な空間に。「吹抜けの開放感はゲストにも好評です」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

個性が光るLDK

ミディアムブラウンの木目×ホワイトを基調としたナチュラルで優しい雰囲気に、階段のアイアン、キッチン収納の引戸、サッシのフレームなど、ポイントで黒を入れることでエッジが効いた空間に仕上がっている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

家事をスムーズに行える動線

ダイニングから見る。キッチンを中心に洗面、浴室、物干し場へ移動できる動線に。キッチン脇にはカウンターデスクを造作してワークスペースを確保
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

庭が眺められるオープンキッチン

リビングや庭で過ごす家族に目が届く対面式アイランドキッチンを採用。キッチン周辺をぐるりと回れるので動線の短縮にもなる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

キッチンから庭方向を見る

キッチン部分の床は黒のタイル張り、背面収納の造作引戸は黒板塗装で仕上げた。「背面の黒板ボードとキッチン天板のバランスがよく、広くて使いやすいです」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

キッチン越しにLD方向を見る

キッチン越しにダイニング、リビング、玄関、庭まで見渡せ、吹抜けを介して2階ともつながる。家族に目を配りつつ、料理や洗い物ができる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

2階廊下から見る

吹抜けに面した2階廊下と奥のホールは、広さがなくても開放感は抜群。1階にいる家族の気配もほどよく感じられる。「子どもも家を楽しんでおり、家族が一層仲良くなりました」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

お気に入りを並べたギャラリー空間

吹抜けに面した2階ホールはギャラリーのようなライブラリースペース。幅約2.1mと広く取り、本やベアブリックのコレクションをディスプレー
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

2階ホールから往来できる小屋裏収納

趣味のひとつである靴のコレクションがズラリと並ぶコージーな場所
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

シンプルで清潔感のある寝室

衣類をたくさん収納できる4畳のウォークインクロゼットを併設した寝室。クロゼットにも窓を付けて換気と明るさを確保している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

大空を望める庭から室内を見る

南側は軒を深くして、季節ごとの採光をコントロール。キッチンやリビングからの動線もよく、出入りがラクにできる。モルタル仕上げのステップは腰かけスペースとしても◎
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/hyk/

芝生を敷き詰めた広い庭

お子さまや愛犬が自由に走り回ったりしても安心な広々した芝生の庭が広がる。高い塀で囲むことで外からの視線を遮り、プライベート感を高めた。ご家族のイベントの舞台として活躍しそうだ

建築概要

コンセプト

計画地は大阪市内の閑静な住宅地で、東側に道路がある土地条件でした。ご家族はこの土地に「中庭がある明るい家、そしてご主人の趣味の品を収納できるギャラリーのある家」を望まれました。計画にあたり、まずは敷地の光の入り方、周辺建物の状況を読み取り、中庭の位置と車の位置を決めました。次に、中庭を囲うようにLDKを配置し、庭との一体感を高めて広さを与え、庭を介してLDKに光が行き渡るよう計画しました。より光を取り込めるようにリビング上部に吹抜けを設けて、子どもたちのための2階ホールとつなげることで、1階にいる家族の気配を感じられるようにしました。2階はホールを介して各居室がつながる動線にし、吹抜け上部には2階フロア高さから少しレベルを上げて1階リビングの開放感を残しながら、ご主人の趣味を楽しむ特別なギャラリー空間を計画しました。また、外観は大判のタイル張りにすることで、特徴的で落ち着きのあるデザインの住まいになっています。

敷地面積
167.42㎡[50.64坪]
建築面積
97.92㎡[29.62坪]
延床面積
149.66㎡[45.27坪]
建築場所
大阪市
構造
在来工法
規模
2階建て
竣工年月
2017年8月
分類
a-casa

同じ条件からその他の建築実例を探す

2階建てa-casaガレージハウス中庭のある家吹抜けのある家
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る