top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

ITM-house 柔らかい光をまとう家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

和モダンな佇まいの外観

ダークグレーで重厚感を与え、アクセントウォールや木質感のある縦格子でメリハリを生んだ和モダンな佇まいが目を引く。2方向が通りに面した角地で、長方形の敷地形状であるため、3方向から外観デザインを楽しめる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

南東側から見た外観

ダークグレーの壁を立て、角度を付けた縦格子とシンボルツリーで美しく整えたシンプルな外観。2階の面積を抑えたことで周囲への圧迫感の軽減にもつながっている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

北東側から見た外観

道路側から見える窓はプライバシーへの配慮から最小限に抑えている。一尺程度突き出した軒は駐輪スペースの屋根としても活躍
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

玄関ポーチを見る

木目調の美しい玄関ドアが映える。住まい全体をモノトーン×木目で統一しているため、シャープさと温かみがバランスよく融合し、居心地がよい空間に仕上がっている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

玄関ホールを見る

玄関の正面には視線が抜け、緑を楽しめる窓をつくり、印象的な出迎えの場に。左奥はトイレで右奥がLDKのドア
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

玄関を見る

靴箱とは別で玄関脇に靴のまま出入りでき、物を出し入れしやすいシューズクロゼットを設置。扉は付けず、窓も設けているため、換気の面も安心
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

玄関ホールからダイニングキッチンを見る

玄関ホールからダイニングキッチン、リビングへと徐々に空間が広がっていく設計で、より開放感を得られる演出が施されている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

22畳を超えるLDK

LDKは広がりを感じられる大空間。南東側に大きな窓を取っているため、朝の時間がとても気持ちいい。右手奥の扉を開けると洗面室とバスルームへ
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

伸びやかな高天井のリビング

ウッドデッキに直接出ることができる大開口と3.6mの天井高により、伸びやかで開放感あふれるリビングに。2本のシンボルツリーが外の白い壁に映え、緑の心地よさをリビングにもたらしている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

リビングを見る

天井の木目調クロスや壁一面のグレーのアクセントクロスが空間を引き締めている。天井には間接照明を取り入れ、洗練されたくつろぎの空間に仕上げた
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

眺めて楽しむ坪庭を家の中心に

玄関、リビング、ダイニングから眺めて楽しむ木を植えた坪庭は、視覚的な広がりや緩やかな空間の仕切りを生み、インテリアとしても存在感を放っている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

心地いいリビング

日差したっぷりで居心地のいいブルーのソファは愛犬にとっても特等席。オークの床には床暖房を備えているので、床に転がっても心地よさを感じられる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

階段側から見る

リビング脇には物干し場に出る勝手口を設置。洗濯機のある洗面室からの動きもスムーズ。小窓から見える坪庭の木はクリスマスの時期にも活躍。オーナメントが飾られた華やかなクリスマスツリーとなって気分を盛り立てる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

ダイニングキッチンを見る

ダイニングキッチンとホールをガラスの引き戸によって仕切ることで、ホールを介して視線の抜けや採光を確保。ガラス越しだと帰宅時の家族の気配も感じやすい
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

上品なオープンキッチン

冷蔵庫などを収めた扉付きの壁面収納、サイドに戸棚を備えた収納充実のオープンキッチン。木の素材感とダークな色合いが上品で落ち着いた空間を演出している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

キッチンからリビング方向を見る

庭まで視線が抜けるオープンなつくりなので、リビングやダイニングで過ごす家族を見守りつつ、外を眺めながら料理ができる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

ダイニングから見る

家事や家族のコミュニケーション動線を考慮して、ダイニングキッチンの脇に階段を設置。デザイン性の高いスケルトン階段だから空間のアクセントにもなっている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

2階ホールから見る

プライベート空間の2階には、各個室からアクセスしやすい位置に大容量のウォークインクロゼットを設置。1階からもアクセスしやすく家事動線も◎
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

いずれは2つの個室にできる子ども部屋

現在は広い1部屋となっているが、お子さまの成長やライフスタイルの変化に合わせて仕切れるよう、ドア、窓、クロゼットを対称に設けている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

LDKに隣接した洗面室とバスルーム

リネン庫、洗面台、洗濯機を横一列に並べた洗面室やバスルームはそれぞれゆったりの広さを確保
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/11/itm/

縁側のようなほどよい奥行き感のテラス

リビングを囲むようにL字型に設置したウッドデッキのテラスは、高い壁と縦格子により外からの視線を気にせず過ごせる場所。午後は内側の壁に反射した光が柔らかな間接光となって室内に届く

建築概要

コンセプト

敷地は閑静な住宅街にあり、北東と南東の二方向に接道しています。南西、北西側には隣家が近接しているため、午後は光を直接取り入れることが難しい環境でした。ご家族はこの場所に、いつも家族の気配を感じることができ、明るく広がりのある住まいを望まれました。まず、敷地に対しての光の入り方を考慮しながら、北側住居との距離を取るために北側に駐車場を設けました。次に、道路側である北東から南東に掛けて壁で囲われたプライベートな庭をつくり、その庭に対して各空間がつながっていく構成としました。玄関を入ると、坪庭の緑が家族を優しく迎えてくれます。そして玄関ホールからダイニング、リビングへと徐々に空間が広がって行く空間構成としました。さらにプライベートな庭に向かって視線が抜ける窓を設けることで、実際の面積以上の広がりを感じられるようにしました。外観はシックな黒の壁としながらも、風を通す柔らかなウッド色のルーバーを施すことで、シックでありながらも柔らかな和の印象を感じる佇まいとしています。また、庭を囲う壁の内側は明るい色目とし、午後の光を受けて柔らかな間接光を室内に届けてくれる役割を担っています。柔らかな光と緑と風、そしてご家族の気配を感じることができる住まいとなりました。

敷地面積
178.93㎡[54.12坪]
建築面積
68.93㎡[20.85坪]
延床面積
103.50㎡[31.30坪]
建築場所
大阪府和泉市
構造
木造[NK工法]
規模
2階建て
竣工年月
2018年
本体価格
1500~2000万円
分類
ARCHAUS

同じ条件からその他の建築実例を探す

1000万円台2階建てARCHAUS
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る