top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

SNT-house 葦の葉の家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

間口約5.4mの細長い敷地に建つ3階建て住宅

異素材の組み合わせや、建物のラインを強調するように長く出した袖壁と庇でデザインされた品格のあるファサードは、施主様が家を建てる上で一番重視されたところ。「素敵なファサードを提案されたことも決め手の一つでした」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

意匠性だけでなく、機能性も兼ね備えたファサード

道路に面している南側も安心して窓を設置できるよう、意匠性と機能性を両立した杢調水平ルーバーを目隠しとして採用。また、オーバーハングで1階にピロティガレージを設けることで、車を2台駐車できるように工夫
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

凛とした佇まいのファサード(夜景)

室内から漏れた光が柔らかな表情を見せ、凛と佇んでいる。「設計士さんと感性が比較的似ていたので意思疎通がしやすく、打合せも楽しくできました。家づくりの満足度を点数で表すと120点です」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

タイル張りの広い玄関

シンプルな空間に彩りを添える美しいイナズマ階段やアートが目を引く。「周囲の評判がとても良いです。お招きした友人も玄関から広くて素敵な家だねと褒めてくれます」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

石張りの壁が重厚感を放つホール

ダークグレーの石壁やアイアンと、ダークブラウンのフローリングや建具が相まって気品あふれる空間に。スケルトン階段が広がりとゆとりを感じさせてくれる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

ウォークスルータイプのシューズクローク

両サイドの壁一面に棚を設けたウォークスルータイプのシューズクローク。靴を脱いで、片づけて、そのまま室内に上がれるため、靴が出しっ放しにならずにいつでもすっきり。奥には大容量の収納も用意されている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

ホールから玄関を見る

光を透過する階段やハイサイドライトにより、プライバシーを守りながら採光を得ている。階段を上ると都市に建つ家とは思えない驚きの居住空間が待ち受けている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

奥行き約11mの南北に細長いLDK

リビング、ダイニング、キッチンが一直線に並ぶシンプルなLDKは縦にも横にも広がりを感じられる。「子どももとても気に入っていて、家の中でかくれんぼしたり、楽しく遊んでいます」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

北側なのに明るい2階リビング

SE構法で実現した吹抜け大開口&大空間のリビングは、住宅密集地且つ北側ということを忘れるほど開放的で心地いい空間。高い壁で覆ったバルコニーが隣地建物との緩衝地帯に。外の視線を気にせず、光と風を存分に得られる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

高天井の吹抜けリビングを見る

天井高さが約5.4mの縦方向へと視線が抜けるリビングは、くつろぎの要素に大切な開放感をたっぷりと味わえる。床は温かみと落ち着きを感じられるオーク(床暖房対応)を採用
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

3階のベッドルームとつながるダイナミックな吹抜け

梁や天井を部分的にダークグレーに変えることで、インテリアの要素が少なくなりがちな吹抜けに豊かな表情を生み且つ室内を引き締める効果で、グレード感のある特徴的な空間に仕上げている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

リビングからLDK全景を見る

家族が過ごす2階と3階がつながっているのでコミュニケーションが取りやすい。「一戸建ては上下移動の不便さを感じるかと思っていましたが、全く感じません。前住居のワンフロアの暮らしに近いプランなので暮らしやすいです」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

収納充実のダイニングキッチンを見る

細長い敷地を活かし、階段に面したところに配置したダイニングキッチン。右手に扉で隠せる壁面収納とカップボードが並び、左奥にはパントリーを用意。奥の壁は南側の洗面室に採り込んだ光をさらに室内まで導けるよう上部をスリットガラスに
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

回遊できるダイニングキッチン

両サイドからリビング、階段、パントリー、サニタリー空間へ抜けられる回遊動線に。キッチンとダイニングテーブルは横並びなので配膳も容易。テキパキ家事をこなせ、ゆとり時間を生む時短動線は家で過ごす時間をより有意義にしてくれる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

ダイニングキッチンを見る

風合いが美しい窯業系内装ボード張りの腰壁で囲んだ高級感漂うクールなキッチン。腰壁はキッチン本体より約20㎝高く立ち上げ、手元をおしゃれに目隠し。前面にはニッチを設け、小物をディスプレーできるように工夫
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

ダイニングから階段を見る

シャープなラインで印象付けられたアイアンがかっこいい存在感を醸し出している。「階段ひとつにしても、単なる階段ではなくオブジェの要素があり、すべての空間がお気に入りです」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

リビングを一望できるベッドルーム

ダイニングキッチン上、リビングを見下ろす位置に配した大胆なフルオープンが魅力のベッドルーム。「ひとつながりの空間に満足しています。こうしたいと思っていた理想のイメージをほぼ再現できました」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

ベッドルームからリビング方向を見る

ゆとりを感じられるベッドルームは建物の中央に位置するが、北側に遮る壁がないため、通風や採光も抜群。「しっかりとシミュレーションを重ねてかたちにした住まいなので、現在のライフスタイルでは不満なところは一切ありません」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

収納力抜群のウォークスルークロゼット

ダークグレーのアクセントウォールの裏には約4畳のウォークスルータイプのファミリークロゼットがある。各階に使い勝手抜群の収納が配されている。「収納計画はとても意識したところなので、とても満足しています」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

物干しスペースがすぐの洗面室

キッチンの隣に配した洗面室は、ルーバーで目隠しされた物干しスペースに直接アクセスできるため、忙しい朝や夜も効率よく家事をこなすことができる。南側なので明るく、室内干しもできて便利
https://www.advance-architect.co.jp/works/2019/04/snt/

視線を気にせず、屋外を楽しむバルコニー

2階北側のリビングと連続したプライベートなバルコニーは十分な広さがあり、高い壁に守られているので、外の視線を気にせず気軽に外気浴を楽しめる。「春や夏には友人を招いてBBQなども楽しみたいです」

建築概要

コンセプト

大阪市内の住宅密集地での計画です。施主様からの要望は印象的なファサードと狭小間口ながらも確固たる想いが詰まった空間の構成、そして多忙な日常から隔離されるような上質な空間でした。ファサードはシンプルな箱型の構成としながらも、袖壁と庇を十分にせり出すことで躯体ラインを強調しました。また、袖壁と庇の奥にあるタイル壁に視線を誘導し、品格ある佇まいを演出しています。そして、外装のベースカラーを紫紺のような暗色にすることで、ファサードの存在感をより強調し、ファサードを構成している杢調水平ルーバーを葦で作った「葦簀(よしず)」のように掛け、モダンなファサードに上質さを一層印象付けました。内部は、2階と3階の間仕切り壁を最小限に抑え、吹抜け、大開口でつながるバルコニーを設けることで、十分な光を取り込める開放的な住空間を計画しました。さらに、バルコニーの壁面を高く設計することで、プライバシーが確保されたアウトドアリビングとなり、都市の中でもくつろぎを感じることができるよう配慮しました。印象的なファサードと広々とした住空間、そしてプライバシー性の高さが魅力の住まいが完成しました。

敷地面積
125.85㎡[38.06坪]
建築面積
73.37㎡[22.19坪]
延床面積
160.31㎡[48.49坪]
建築場所
大阪府大阪市
構造
木造[SE構法]
規模
3階建て
竣工年月
2018年10月
分類
ARCHAUS
性能
長期優良住宅
「建築実例」掲載について
  • ■本コンテンツでは当社がオーナー様と創り上げた新築住宅・リフォームなどの設計・施工事例やプロジェクト事例をご紹介しています。
  • ■掲載写真はプライバシー保護や不要物除去などを行うため、撮影した写真にCG加工を施しているものがございます。
  • ■掲載写真は撮影当時のものです。掲載写真の外内装などは敷地や周辺環境等の諸条件、地域の条例、取り扱いの変更・中止、その他の諸事情により同じものを採用できない場合がございます。
  • ■完成予想図(CGパース・CG合成画像など)の場合、実際の建物・環境とは多少異なる場合がございます。
  • ■当ウェブサイトのテキストや画像等の無断使用(複製、転載、頒布、掲示、譲渡、貸与、使用許諾、再利用などを含む)、変更、改ざん等の行為は固くお断りいたします。
  • ■ご利用のインターネット環境により、画面での色・質感などは実際と異なる場合がございます。
  • ■本体価格および本体価格帯には、消費税、外構工事・地盤改良工事・屋外給排水工事などの付帯工事費、諸費用、土地購入費用、家具購入費用などは含まれておりません。
  • ■本体価格および本体価格帯は建築当時のものであり、価格改定などによって現在の価格とは異なる場合がございます。
  • ■Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)に該当する場合も総称して「ZEH」と表記しています。
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る