top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

TUT-house 角地の家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

プライバシーが守られた外観

北と西に道路が走り、南と東隣には2階建て住宅が建つ55坪の敷地。プライバシーに配慮して道路側には窓をほとんど設けず、シンプルな直線で構成したモダンな外観デザインに
tut_02rr

ツートーンでまとめた重厚感のあるファサード

塗装とタイルで意匠を分けた表情豊かで品のよい存在感を放つファサード。道路から見たときに、どの角度でも美しく、印象的な佇まいとなるように配慮。スリット窓やL字の庇、植栽がアクセントとなり、雰囲気のある街並みの一角を創出している
tut_03

北側から見た外観夕景

角地のため、2つの顔が楽しめるのはもちろん、日が落ちると、昼間とは趣を異する幻想的な姿を見せてくれる。北と西、昼と夜の計4通りの表情を楽しめる贅沢な住まいだ
tut_04rr

西側から見た外観夕景

低い位置に設けた窓から漏れた光とライトアップの演出よってタイルの壁に現れた陰影が美しい。帰宅するたびに家族の心を癒してくれる外観は施主様のお気に入りの一つ。「設計士さんのセンスが抜群で、一生住む家が"最高の家"になりました」
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

モノトーンで統一したクールな玄関

磁器質タイル、割栗石、ガラスを組み合せた上品な玄関。正面の壁上部にはスリットガラスを設置し、裏側の廊下に光が届くように配慮。床の600×300角のコンクリート調磁器質タイルは、玄関からホール、LDKまで続いている
tut_06

2方向の動線を確保した玄関

玄関を入って左手の扉を開けるとウォークスルータイプのシューズクロークとクロゼットに続く。廊下を介してぐるりと回遊できる動線を確保。十分な広さがあるため、アウトドア用品や衣類など、さまざまなものを収納できる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

玄関からホール方向を見る

ガラスの間仕切りと扉により、ダイニング、テラスへと視線が抜けるホール。空間につながりが生まれ、上質な空気感を醸し出している。キッチンからも目が届くので、帰宅した家族をすぐに出迎えることができる
tut_08

タイルを敷き詰めたラグジュアリーな住空間

メインスペースであるLDKは南側に配置。全長10m、28畳の大きな空間には柱や間仕切りを設けず、家族の様子がよくわかるオープンなつくりに。段差や天井高による視線の変化で空間を緩やかに分けている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

リビングからダイニングキッチンを望む

忙しい毎日だからこそ、オープンLDKやリビング階段を取り入れて、家族と過ごす時間を大切にできるプランに。キッチンで作業していても、リビングや庭で過ごす家族やゲストと会話がしやすい
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

高天井のピットリビング

リビングは開放的で心地よい居場所にするため、床を2段下げ、天井高さを3.7mに設定。光だけを採り込むすりガラス窓とニッチカウンターの水平ラインを合わせることで空間がより美しく仕上がっている。リビング脇には棚を造作
tut_11

優雅な雰囲気が漂うリビング

ビビッドな赤いレザーソファを配したモダンでスタイリッシュなリビング。夜は照明の効果でインテリアが強調され、ラグジュアリーな空間をより一層楽しめる
tut_12

1日中、光が届く明るいLDK

南側に連続して設けた天井いっぱいまでの高さがある掃き出し窓とテラスは、空間により広がりを感じさせるとともに、採光の観点からも効果的な存在になっている。高性能な窓を採用しているので、夏場も快適に過ごせる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

ダイニングキッチンを見る

ダイニングからも庭に出入りできるので、ホームパーティーのときもスムーズに準備や片付けができる。床は磁器質タイルのため、冬場も暖かく快適に過ごせるよう、リビング、ダイニング、キッチンそれぞれに床暖房を設置
tut_14

回遊できるアイランド型キッチン

シックで落ち着いた雰囲気のグレートーンでまとめたオーダーキッチン。カップボードとの間の通路幅は1.1mとゆとりを確保し、両サイドからアクセスできる動線にして、家族が料理に参加しやすく
tut_15

上からの光を導くスケルトン階段

ディテールや質感にまでこだわったスチール製のイナズマ型スケルトン階段が空間を引き締める。蹴込板がなく、上階の窓から落ちる自然光が階段の下まで届くスケルトンデザインは、インテリアとしても美しいからリビング階段にぴったり
tut_16

階段上から望む

向かいの窓から差し込む柔らかな自然光が、自然な塗りムラが再現された淡いグレーのクロスによって拡散し、幻想的な雰囲気に。時間や季節による光の変化を日常的に感じることができるため、潤いのある暮らしを楽しめる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

落ち着いた雰囲気でまとめたプライベートルーム

寝室は壁一面にグレージュのクロス、天井に黒のクロスをあしらい落ち着いた雰囲気に。2階の床はブラックウォルナットのフローリングを採用し、温もりをプラス。寝室からは洗濯物や布団がたっぷり干せる広さのバルコニーに出入りできて便利
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

気持ちのいい朝を迎えることができる洗面室

玄関やキッチンからアクセスしやすい場所に配した洗面室は、ハイサイドライトから朝の光を迎え入れ、心をリフレッシュできる空間に。たっぷりしまえる収納付きのシステム洗面化粧台は隙間をつくらずに壁一面にすっきりと納めて見た目を美しく
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

優美な空間を演出する1階トイレ

クラシックパターンのアクセントクロスと上下配光のブラケット照明が空間に抑楊をつくり、華やかな空間を演出。アクセントカラーとしてダークトーンを手洗いカウンターと床に使うことで空間を引き締め、センスよくまとめている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2020/07/tut/

敷地南側を一直線に伸びる庭

テラスにはLDKと同じグレーのタイルデッキを採用し、内外のつながりを持たせている。庭は塀で完全に閉じるのではなく、道路や隣家からの緩やかな目隠しとして縦格子を採用。光と風を呼び込みつつ、外の気配も感じられるよう配慮
tut_21

ランチやお茶を楽しめるアウトドアリビング

テラスからは大きな開口を介して、室内での家族やゲストのコミュニケーションの様子をうかがえる。屋外用の家具を置くことで、もう一つのリビングとして機能。ゆとりのある広さがリラックス感を生み出している

建築概要

コンセプト

静かな住宅街の一画に位置し、ご親族から引き継がれた土地で新たに住居を構える計画です。四角いボリュームを組み合わせた外観は、周辺に対して圧迫感を与えないよう色のトーンを抑えたタイルと塗壁で仕上げ、上品な佇まいとなるよう配慮しています。施主様のご要望であるラグジュアリーな内部空間を実現するため、高天井やダウンフロア、連続する大きな開口部、そこから広がるタイルデッキなど、様々な要素を組み合わせ、非日常的で開放感のある生活空間を目指して計画しました。タイル敷きの床や壁の一部を木製パネルで仕上げたLDK、カーペット敷きのウォークインクロゼット、特徴的なクロスで仕上げた寝室など、各部の仕上げにも施主様のこだわりがたくさん詰まっています。

敷地面積
183.26㎡[55.4坪]
建築面積
78.87㎡[23.8坪]
延床面積
132.33㎡[40.0坪]
建築場所
大阪府富田林市
構造
木造[NK工法]
規模
2階建て
竣工年月
2019年10月
本体価格
2500~3000万円
分類
ARCHAUS
「建築実例」掲載について
  • ■本コンテンツでは当社がオーナー様と創り上げた新築住宅・リフォームなどの設計・施工事例やプロジェクト事例をご紹介しています。
  • ■掲載写真はプライバシー保護や不要物除去などを行うため、撮影した写真にCG加工を施しているものがございます。
  • ■掲載写真は撮影当時のものです。掲載写真の外内装などは敷地や周辺環境等の諸条件、地域の条例、取り扱いの変更・中止、その他の諸事情により同じものを採用できない場合がございます。
  • ■完成予想図(CGパース・CG合成画像など)の場合、実際の建物・環境とは多少異なる場合がございます。
  • ■当ウェブサイトのテキストや画像等の無断使用(複製、転載、頒布、掲示、譲渡、貸与、使用許諾、再利用などを含む)、変更、改ざん等の行為は固くお断りいたします。
  • ■ご利用のインターネット環境により、画面での色・質感などは実際と異なる場合がございます。
  • ■本体価格および本体価格帯には、消費税、外構工事・地盤改良工事・屋外給排水工事などの付帯工事費、諸費用、土地購入費用、家具購入費用などは含まれておりません。
  • ■本体価格および本体価格帯は建築当時のものであり、価格改定などによって現在の価格とは異なる場合がございます。
  • ■Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)に該当する場合も総称して「ZEH」と表記しています。

同じ条件からその他の建築実例を探す

2000万円台2階建て35〜49坪ARCHAUS
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る