top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

SHY-house 土間リビングの家

https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

正面からは平屋に見える外観

愛車との相性が抜群のウォームグレーの外観。芝生や木などのグリーンを植えることで、落ち着いた雰囲気に明るさを添えている。リビング・ダイニングからは愛車を眺めることができる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

深く伸びた軒が生み出す陰影が美しい外観

庭につながる窓も外観デザインのアクセントになっている。隣地との境に高い塀や門を設けず、オープンなつくりにすることで、近所に住む友人が気軽に立ち寄れる環境に。テラスに腰掛けておしゃべりができる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

大判の石板を並べたアプローチ

5mほどの距離を歩いた先にある玄関ポーチの外壁には天然木を張って、外観のアクセントに。正面のシンボルツリーにはカエデを植えた。夏は新緑、秋は紅葉を堪能できる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

玄関を見る

壁にくぼみを付けたニッチでスリッパラックを造り、上部に北欧デザインならではのお洒落なフックを取り付けることで、無表情な壁にやわらかな表情とリズム感が生まれ、ワンランク上の空間に
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

玄関ホール

アクセントクロスを合わせた落ち着きのあるインテリアが上質な空間を演出。玄関ホールの低く吊り下げたペンダントライトの温かな光が小物や家具の造形美を引き立てている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

勾配天井により開放感を与えたLDK

LDKの天井高は最も高いところで4.6m。約15畳のコージーなつくりだが、天井を高くすることで開放感が一気に高まり、実際以上の広さを感じられる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

庭に向かって開かれたリビングダイニング

ダークグレーの床タイルが白×ウッドを基調とした空間を引き締めている。心地よい光や風に包まれて、暮らしのなかで自然をたっぷり感じられる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

リビングダイニングからキッチン方向を見る

勾配方向に合わせて板張りした天井が美しい表情を醸し出し、化粧梁や柱が天井の高さを際立たせて、開放感を後押ししている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

ダイニングから見る

2階寝室には室内窓(上)を設け、採光と通気性を確保。LDKや庭とも緩やかにつながり、1階で過ごす家族の気配を感じられる。障子(右奥)の先には、LDKとも違和感なくつながる6畳のモダンな和室を用意
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

ダイニングから見る

ペンダントライトの存在感を活かすために、ダウンライトは極力目立たないように設置。キッチン背面の収納上部の間接照明が天井を照らすことで空間全体がほのかに明るくなって、上品で温かな雰囲気を演出
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

2階寝室から見下ろす

廊下の床からキッチンは一段、リビングダイニングは二段下げることで、視線に変化が生まれて空間が緩やかに独立し、段差による居心地の良さも感じられる
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

モダンな雰囲気が漂う完全独立型の和室

愛用の家具やアートをバランスよく取り入れたモダンな和室。北欧テイストの壁紙をあしらった両サイドの押入やアクセントクロスがしっくりと馴染み、落ち着きと優しい雰囲気を醸し出している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

寝室兼趣味室

いつでも趣味を楽しんで過ごすことができるように寝室は広めに設け、脇にカウンターと棚を造作
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

2階を見上げる

アーチ型の開口部と木製スケルトン階段がやわらかな雰囲気を醸し出している。2階の窓から差し込む柔らかな光がアーチを際立たせている
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

階段の踊り場から見る

開口下には上階までつながる玄関があり、開口を介して2階の窓から差し込んだ光が玄関をやさしく照らす。玄関の様子を2階からもうかがえるので安心
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

2階廊下から見る

2階は屋根形状を活かした高天井の寝室とインナーバルコニーを配している。奥のアクセントクロスは玄関と同じものに、床も1階と同じものに合わせて統一感を出している
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

1階洗面兼手洗いコーナー

バスルームと空間を分けることで来客時にプライベートな部分が見えず、気にならない。玄関を入ってすぐという位置も使いやすい。モダンな柄のタイルが造作洗面台のアクセントに
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

1階レストルーム

洗面兼手洗いコーナーの横に配したレストルーム。床のタイルはリビング・ダイニングと同じものを採用
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

リビング・ダイニングの掃き出し窓から続くテラス

縁側のような心地よさを感じられるテラスは第2のリビング。テーブルセットを置いて、休日にランチやディナーを楽しんだり、空や風を感じながらここでゆっくりと過ごす時間は格別
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

屋根付きのテラス

塀側にはゆったりと座れる幅3mの木製ベンチを造りつけている。大勢のゲストが訪れても安心
https://www.advance-architect.co.jp/works/2018/05/shy/

インナーバルコニー

景色を切り取る開口を設けた約4畳のインナーバルコニー。ときにはここで遠くの空や緑を眺めるのも◎

建築概要

コンセプト

小高い山に開発された住宅地の一角に建つ築約45年の住宅の建替計画です。施主様のご要望は「趣味である手芸や、ゲストと過ごす時間を思う存分に楽しむことができる家にしたい」でした。角地という特性を活かして、南西側に配置したLDKは、屋根のかかったウッドテラスとつながり、玄関を通らずともご近所の友人たちが気軽に立寄れるように計画しました。テラス前面には緑を楽しめる庭と、ゲストが車や自転車で来訪しても十分に対応できるスペースを確保したことで、コミュニティの場としても活躍する住まいとなっています。

敷地面積
205.19㎡[62.06坪]
建築面積
86.53㎡[26.17坪]
延床面積
110.41㎡[33.39坪]
建築場所
大阪府泉南市
構造
NK工法
規模
2階建て
竣工年月
2017年10月
本体価格
1500~2000万円
分類
a-casa

同じ条件からその他の建築実例を探す

1000万円台2階建てa-casaスキップフロアのある家土間のある家
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る