top-logo

建築家と一緒にデザインする注文住宅なら大阪・堺市のアドヴァンスアーキテクツ

top-search

建築実例

MSK-house ひとつ屋根の下の家

変形角地に建てたモダンな平屋住宅

古き良き日本の暮らしを受け継ぎながらも、スタイリッシュでモダンな雰囲気に仕上げた落ち着き漂う平屋住宅。約100坪のゆとりある広さと複雑な敷地形状を活かし、東側にL字型の建物と駐車スペース、西側に車3台分の駐車場を計画した

街並みに溶け込む外観

真南から外観を見る。手前の棟は緩やかに風合いの移り変わりを楽しめる外壁材「SOLIDO」を張り、奥の棟はミディアムグレーで塗装して変化を付けた。写真奥の大きな窓のところは軒の出を約1.3mと深くし、室内の快適さを高めている

変化を愉しむ外観

見る角度や昼と夜、季節によって表情を変える外観は、道行く人も足を止めて見惚れてしまうほどの美しさ。夕暮れどきになると、屋根勾配に合わせて特注した大きな窓から室内の温かな光が漏れ、幻想的で優雅な雰囲気といっそうの奥行き感を漂わせる

プライバシーを守る外構計画

道路からの視線を遮る目隠しの機能を持たせた杉板型枠コンクリートの門壁と植栽は、建物や街並みを豊かに引き立てて潤いも与える存在に。夜はライトアップされた植栽の陰影が印象的に映り、ドラマティックな雰囲気を湛えている

通りからは存在を隠した玄関ドア

写真奥の玄関ドアは道路から見えない位置に設置。外出時、玄関ドアを開けたときに通行する人と目が合わず、道路からは室内が見えないため気兼ねなく開け閉めできる。タイルテラスと玄関ポーチは一体化して広がりのある仕上りに

心が弾む小さな庭

さまざまな形の葉や白い花をつけた植物を巧みに織り込んでつくった小さな庭。植栽面積はわずかでも、暮らしに安らぎや潤いをもたらす存在として大活躍。敢えて長く取ったアプローチは、外出時や帰宅時の気持ちの切り替えにもちょうどいい

アートな表情を見せる玄関

アプローチから一歩建物の中に踏み入れると、目の前に飛び込んでくるのは地窓越しに見える緑豊かな坪庭。右手の仕切り壁が坪庭だけに目が向かうよう視線を誘導。光を浴びて葉をそよがせる植栽たちはまるでアートのよう

夜も美しい玄関

ライトアップした坪庭を楽しめる夜の玄関。特注サイズの地窓と高さを揃えた腰下の壁は外壁と馴染ませることで、坪庭の存在感を高めている。左手にサニタリー空間、右手にLDKが続くコンパクトな家事動線とワンフロアの暮らしで末永い快適を実現

ゆとりのある2WAY玄関

一つの玄関をグレーの壁で仕切って、家族用とゲスト用の動線に区分。家族が出入りする側の壁面には、靴やゴルフバックをしまえるトールサイズのボックス型玄関収納を設置。扉付きなので見た目もすっきりで、浮かせることで圧迫感を軽減

奥行きを感じる工夫をプラス

玄関ホールとLDKをつなぐ建具は、木目とガラスを組み合わせたハイドアに。上部の光のラインも相まって奥行きが生まれ、広く感じられる。同住宅では建具に天井高さまであるハイドアを多用するなど、ノイズレスな美しさにこだわっている

伸びやかな勾配天井リビング

平屋ならではの伸びやかな勾配天井が開放感を演出するリビング。天井は最も高いところで4.3mの高さがある。リビングダイニングは前面道路と平行かつ真南を向くよう斜めに広げて不整形につくり、最大限の採光を確保できるようにした

柔らかな光に包まれる夜のリビング

カーテンのない高窓を見上げると星空が見える夜のリビング。テレビ側とふかし天井に組み込んだ間接照明が白い天井や壁を照らし、その反射光で空間を満たす穏やかな光環境を実現。間接照明は調光機能により、気分に応じて明るさの調節ができる

綿密な設計で美しい空間に

勾配天井面には照明器具を設置しないことや、折り上げカーテンボックスでカーテンレールを隠すなど、綿密な設計ですっきりとした空間に仕上げた。間接照明の穏やかな光が安らぎの時間を過ごせる上質な空間を演出

季節の移ろいを感じるリビング

南側の大きな窓越しに緑や空を眺めたり、柔らかな光や爽やかな風に包まれながら穏やかに過ごせるリビング。袖壁や門壁、植栽を用いて、道路や隣家からの視線を上手く遮りながら、自然を身近に感じられる味わい深い暮らしを実現した

美しい開口

リビング奥の開口の先には左右対称に配置した2つの寝室を用意。両サイドの扉が見えないように袖壁をつくり、小口を斜めにカットするという繊細な工夫を加えることで、開口を軽やかに仕上げ、空間をより美しく魅せている

北欧×モダンなインテリア

床は落ち着きと重厚な雰囲気を与えるウォルナットのフローリングを採用。スタイリッシュなテレビボードは造作し、ソファやダイニングテーブルなどはモダンな北欧家具(BoConcept)をセレクトして、ラグジュアリーな雰囲気を演出

変化を楽しめるオープンLDK

リビングから見たLDK全景。勾配や角度、高さの異なるリズミカルな天井が、一列に並んだシンプルな空間にメリハリを与えている。リビング脇にはカウンターデスクを造り付けて、パソコン作業やちょっとした家事などができるように

お洒落な腰壁キッチン

リビングやダイニングからは作業中の手元が見えないよう腰壁付きのキッチンに。腰壁には外壁と合わせて「SOLIDO」を張り、内外の一体感を強調している。キッチン横には食品や日用品等をしまえるパントリーを設け、十分な収納スペースを確保

機能性にこだわったキッチン

キッチン本体には食洗機とオーブンを備え付け、機能性を追及。キッチン奥には通風ができる勝手口を設けて換気のしやすさにも配慮。背面のセパレート型カップボードや家電もダークカラーで統一し、すっきりした印象にまとめている

スマートで快適な洗面空間

スリット窓から朝日が降り注ぎ、明るい空間で気持ちよく身支度できる3畳の洗面脱衣室。洗面台はインテリアの統一感にこだわり、木目と石目でコーディネート。カウンター下の収納は引き出しと棚板を組み合わせて使い勝手よく

シンプルなトイレ空間

床タイルやアクセントクロスの落ち着いたグレーの色合いや、淡い光を採り込む足元の小さな窓によって、やさしい表情を見せるトイレ。小さな窓は外観正面手前の門壁や植栽で目隠しして、外からは見えないように配慮している

建築概要

コンセプト

比較的に新しい家が建ち並ぶ住宅地の一角での計画です。
広い土地を活かし、かつての日本では当たり前だった「日本の家の原風景」とも言える平屋住宅をモダンスタイルで設計しました。
表情のある杉板型枠コンクリート壁と植栽で彩ったアプローチを通って玄関に入ると、緑が見えるピクチャーウインドウが出迎えてくれます。この玄関を介して、2つのゾーンに分け、家族が集うパブリックな空間と、水まわりなどを配したプライベート空間を一つ屋根の下で程よく距離感を保ってゾーニングしました。リビングは一番高いところで約4mの高さがある勾配天井とし、高窓から光が降りそそぐ、明るく開放的な空間を実現しています。また、家事動線をできる限りコンパクトにするため、水まわりは玄関近くに配しました。
ワンフロアで生活が完結でき、空や緑を眺めながら心地よく快適に過ごせる住まいが完成しました。

敷地面積
323.43㎡[97.8坪]
建築面積
122.08㎡[36.9坪]
延床面積
110.23㎡[33.3坪]
建築場所
大阪府
構造
木造[NK工法]
規模
平屋建て
竣工年月
2021年9月
分類
a-casa
建築実例掲載について
  • ■本コンテンツでは当社がオーナー様と創り上げた新築住宅・リフォームなどの設計・施工事例やプロジェクト事例をご紹介しています。
  • ■掲載写真はプライバシー保護や不要物除去などを行うため、撮影した写真にCG加工を施しているものがございます。
  • ■掲載写真は撮影当時のものです。掲載写真の外内装などは敷地や周辺環境等の諸条件、地域の条例、取り扱いの変更・中止、その他の諸事情により同じものを採用できない場合がございます。
  • ■完成予想図(CGパース・CG合成画像など)の場合、実際の建物・環境とは多少異なる場合がございます。
  • ■当ウェブサイトのテキストや画像等の無断使用(複製、転載、頒布、掲示、譲渡、貸与、使用許諾、再利用などを含む)、変更、改ざん等の行為は固くお断りいたします。
  • ■ご利用のインターネット環境により、画面での色・質感などは実際と異なる場合がございます。
  • ■本体価格および本体価格帯には、消費税、外構工事・地盤改良工事・屋外給排水工事などの付帯工事費、諸費用、土地購入費用、家具購入費用などは含まれておりません。
  • ■本体価格および本体価格帯は建築当時のものであり、価格改定などによって現在の価格とは異なる場合がございます。
  • ■Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)に該当する場合も総称して「ZEH」と表記しています。

同じ条件からその他の建築実例を探す

平屋建てa-casa30〜34坪
< BACK
お気に入りに追加しました。
お気に入りに登録した実例を見る clip-batu
お気に入りの実例を見る
資料請求
お問い合わせ
トップへ戻る